iPhone

シンプルでミニマルな iPhone ケース。純正の「シリコーンケース ホワイト」レビュー

iPhone 7 Plus のケースを純正の白いケースに新調しました。

季節の変わり目で冬から春になるこの時期、これまで着けていたレザーケースから、ミニマル感のあるシンプルなケースに新調したいと思い買ってみた。意外にも真っ白でシンプルなデザインのケースがあまりなく、純正のケースに落ち着いたので紹介していきたい。

なお純正のレザーケースのレビューは『【iPhone 7 Plus】純正レザーケース(ミッドナイトブルー)レビュー』をどうぞ。

スポンサーリンク

 

「iPhone 7 Plusシリコーンケース - ホワイト」レビュー

こちらが純正の iPhone ケース「iPhone 7 Plusシリコーンケース - ホワイト」。マッドで高級感のある質感が特徴のシリコンケース。iPhone 6s / 6s  Plus のケースはアップルのロゴとカメラの縁取りが黒だったのに対し、こちらは薄いグレーでコントラストを抑えている。

純正のシリコンケースは全部で9色。価格は 4,200円(税抜)。

 

ロゴ部分をアップしてみたところ。そこまで目立たないため、あまりロゴを主張したくない派には嬉しい配慮

 

マッドな質感のシリコンケースなのでさらさらと手触りが心地良いが、すぐに汚れそうな印象も受ける。ジーンズのポケットに入れる際なんかは注意が必要だ。

なお背面は起毛マイクロファイバー。iPhone の背面に細かな傷がつかないように工夫が施されている。他の安い iPhone ケースではあまりない配慮なので、こういった細かい点が純正品を選ぶ魅力だろう。

 

レザーケースと異なる点は、電源や音量ボタンが一体型となっているところ。そこまで大きな違和感はないが、ちょっとボタンが堅いところがちょっと残念。安いケースの場合、ここが大きくくり抜かれていることもあるので、それよりは安っぽくないので良い。

 

実際に iPhone を装着してみたところ。ケース内部には芯が入っているようで、シリコンケースに有りがちな "ふにゃふにゃとして感覚" は無く、ハードケースに近いような感じでピタッとフィットする。

 

iPhone のホーム画面を真っ白にすると、ケースと iPhone により一体感が生まれる。これだけでは寂しいので下の方にトバログのロゴでも入れようかと考え中。

 

実際に手にしてみるとこんな感じ。ミニマルでシンプルな印象になった。本当ならばケースを装着しない方がクールなのだが、iPhone 7 Plus はさらさらと滑って持ちにくい上に、落としたらディスプレイが割れてしまうためにやむを得ず。

それでも主張が少ない純正のシリコンケースであればうるさくない。

 

白い iPhoneケースは春物コートにもよく合う。全体的に色合いがまとまるので、春先には淡い色の iPhone ケースが良さそうだ。

 

まとめ

秋冬はレザーケースが恋しくなるのに、春や夏になるとミニマルでシンプルなアイテムを揃えたくなる、という人は僕だけではないはず。

他メーカーのケースに比べるとやや値が張るが、毎日使う iPhone だからこそケースにはこだわりたい。ちょっと高くても iPhone にフィットして快適に使えるケースが欲しい、そう思う人にとっては純正のシリコンケースがオススメかもしれない。

 

 

↓楽天市場のビックカメラがポイントも貯まる↓

↓ちょっと真っ白すぎると感じる人にはストーンが丁度良いかも↓

-iPhone
-, , ,