【iPhone 11 Pro買った】今さら購入した理由、SEにしなかったワケ

今さらだけどタピオカブームに乗っかって iPhone 11 Pro を買いました。

自分のなかで定期的にくる「iOS ⇔ Android OS」の波。昨年の10月に Android OS を搭載した BlackBerry KEY2 を購入し、今でもまあ満足して使えている。

しかし最近はレビューの関係などから「やっぱりなにかしらの iPhone が手元にあると比較もできて便利」と思い、今回友人である『クロポンモビ』の黒ぽん氏が安く譲ってくれるとのことで、購入することにした。

今さら iPhone についてレビューすることなんて何もないけど、「買った理由」とかをつらつら紹介したい。

 

 

 

僕が買った iPhone 11 Pro のスペック

  • iPhone 11 Pro
  • 国内版SIMフリー
  • シルバー
  • 512GB ストレージ
  • 定価:15万9,280円

僕が購入した iPhone 11 Pro のスペックはこんな感じ。BlackBerry KEY 2 のサブスマホとして使うには高すぎるスペックなのだが、黒ぽん氏が「9万9,000円でいいよ! 」といってくれたので、気がついたら支払いを完了していた。

まあ元々 iPhone は手元に必要だったし、どうせならまだ試したことのない iPhone の3眼カメラを使いたかった。

 

なんで iPhone 11 Pro を買ったの?

  • 本当は iPhone SE を買おうと思っていたけど在庫なかった
  • 日本において一番使っている比率が高いスマホだから
  • どうせ買うなら3眼カメラの Pro を買いたかった

まあ本当に iPhone に対してやる気のない回答になってしまうのだけど、理由としては大きくこんな感じ。『iPhone XS 買いました。1年で Galaxy Note8 から買い換えた理由など』でもほぼ同じようなことを書いているのでまったく学んでいないなという感じだけど、せっかく記事にするのだから紹介していこう。

 

本当は iPhone SE を買おうと思っていたけど在庫なかった


動画でも紹介しているが、本当は iPhone 11 Pro ではなく iPhone SE が欲しいと思っていた。しかし「本当に iPhone SE で満足できるのか? 」「ストレージやカメラを考えると 11 Pro の方が魅力的では? 」躊躇しているうちに、予約が遅れ、気づいたときには1ヶ月待ち。

その状況を Twitter に投稿したら、黒ぽん氏から「iPhone買い取って」と連絡が入ったため、即入金して翌日には手元に届いていたという流れ。

結果的には良かったけれど、これも縁だなあと感じている(よくよく考えたらSEが5万円と考えると10万円ってかなりの数字なので、頑張って働いて元を取っていきたい)。

 

日本において一番使っている比率が高いスマホだから


そしてこれ。iPhone は日本においてもっともユーザーの比率が高い(シェアの大きい)スマホだから。データで見ると日本のスマホの半数以上(53.3%)は iPhone ユーザーで、それ以外は Android OS 含めなんらかのスマホだ。

OSだけで考えるとほぼ半々という印象だが、ハードウェアとして考えると日本人が使うスマホの半分は1社が製造販売すると考えると、iPhone のシェアは圧倒的だと思う。[参照:Japan’s smartphone market to struggle in 2020 amid impact of new regulations and COVID-19]

 

iPhoneケース『MYNUS』とiPhone XSの正面
だから例えば僕のメインスマホである「BlacBerry KEY2 で○○する方法 」よりも、「iPhone で○○する方法」の方が需要が高いし、しかも肌感だと主語が「スマホ」よりも「iPhone」の方が需要があるとさえ感じる。

何かを比較するといったときも対象が iPhone かそれ以外という構図になりがちなので、今回は Black Berry KEY2 のサブ機として iPhone を迎えることにした。

この買い物、本当はスポーツカーが欲しいのに、家族の需要を見込んでボックスカーを買うイメージに近い。

 

どうせ買うなら3眼カメラの Pro を買いたかった


「iPhone が欲しかった」という理由は上記だけれど、どうせならば3眼カメラのフラッグシップである iPhone 11 Pro が欲しかった(リア、フロント合わせると4基のカメラが搭載されている)。

iPhone SE のカメラモジュールが iPhone 8 と同じだったとして話題となっていたが、iPhone 11 Pro はカメラが3眼で、しかもセンサー性能は向上している。

わざわざカメラを持ち歩かなくても、超広角の1枚くらいだったら iPhone で良いかと思い、そういう記録用途には 11 Pro の超広角は魅力。

 

ズーム(2x)

標準(1x)

広角(0.5x)

 

ただ Lightning 端子という点が本当に辛い

難点としては「Lightning」端子という点 。みんなが USB C で足並みを揃えている時代に、たった1つだけ Lightning というのは、スマートフォン会の IT大臣といっても過言ではない。

まあ Apple は「そもそも端子云々ではなく無接点充電だけ」の未来を見ているのかもしれないが、それならば端子くらいは USB C を搭載してほしかった。

 

まとめ

とまあこんな感じで iPhone 11 Pro を購入した理由をつらつらと並べてみた。根底として「そもそも欲しくなった」という理由はあるのだけど、そこはブロガー、それっぽい理由を並べて “あくまで仕事道具”という言い訳をしながら、購入を正当化している。

まだ手元に届いたばかりなので全然触れていないけれど、自粛などが落ち着いたら外に出て作例を撮ったりレビューをしたいと思っている。

――

ちなみに購入予定のケースはミニマルな雰囲気の MYNUS というケース。前にもレビューしているが、これが最高なので 11 Pro でも使う予定だ。

――