紙のトバログ、作りました。ベータ版を無料配信します

ブログを紙で表現する、約1年越しのプロジェクト――。

トバログを立ち上げてからもう3年半。ブログとしてなにか新しいコトをはじめてみたいと思い、1年前からこそこそ準備をしていた「紙のトバログ」のベータ版が完成した。トバログの LINE@ を購読してくれた人には無料配信を開始したので、ちょっとだけ紙のトバログについて紹介しておこう。

トバログの LINE@ を購読してみる

 

紙のトバログって?


紙のトバログは、文字通りオンラインではなくオフラインの媒体として、トバログを表現してみたいと思い手がけたもの。雑誌のようなテイストで、全編書き下ろしで約70ページに渡ってトバログのコンテンツを中心に制作している。

今回のテーマは「ABOUT TOBALOG」。ベータ版ということだし、まずはざっくりとトバログを紙媒体にしたらどんな風になるんだろう? ということを考えて、とくにテーマというテーマを持たずに作ってみた。例えば旅のコトだったり、お気に入りのモノだったり、それぞれのテーマに沿ったジャンルを書いている。

 

紙のトバログの目次

  1. はじめに
  2. トバログ中の人のプロフィール
  3. ワークスペース
  4. モノ選びとお気に入りのモノについて
  5. 旅のエッセイ(台北、シンガポール、ミュンヘン)
  6. カバンの中身
  7. 数字でみるトバログ
  8. あとがき

 

創刊号となる今回の目次は上のような感じ。本当は今回号限りの予定だったが、思いのほか制作が楽しかったということもあり、2号、3号と続けていく予定(次号の発刊時期は未定)。なお、今回は電子版のみの配布。

 

ウェブではできない、紙ならではの自由なデザイン

 

これまでトバログではワードプレスという、ウェブ上では比較的自由度の高いブログツールを用いて記事を書いてきた。サーバーの設置からテーマの選定、コーディング、記事執筆に至るまですべて自分で行い、ある程度ウェブ上でなら自由な表現ができるようになってきたのではないかと思う。

ただ、いくらブログは自由にレイアウトできるとはいえ、雑誌などの紙媒体と比較するとどうしても自由度は少ない。そんな感じで悶々としていたとき、紙でトバログを作ったら面白いのではないかと、昨年の今頃から準備を重ねてやっと完成に至った。

 

トバログの LINE@ に購読で無料ダウンロードできます

せっかく制作してみたのだから、どこかに公開しておきたい(でもコメントとかフィードバックとか近い位置でもらいたい)というわがままな理由から、今回 LINE@ のアカウントを作成してみた。

LINE@ は、LINE のアプリから購読してくれた人と 1:1 で質問や感想などのフィードバックを直接もらえたり、読者からの意見を比較的近い立場からもらえやすいということで、ブログやメディア関係でも人気になっているそうだ。

トバログでは「新着記事の編集後記の紹介」「記事の内容関するFAQ」なども行っていく予定だ。気になる人、紙のトバログを読んでみたい人は、是非購読いただけると嬉しい。

 

※ iPad や PC で読むとより雑誌感が深まります。無料配布は突然終了することがあるのでダウンロードしたい人はお早めに。また、プレビューじゃなくて Kindle や i文庫など PDF リーダーで読み込んだ方が綺麗で読みやすいはず。