『Surface Go』が届いたら僕はこんなコトに使いたい!


Surface Go が欲しい3つの理由』や『米国版Surface Goを買いました』などで紹介している Surface Go。日本での発売は8月28日だが、僕は米国モデルを購入しているので8月7~10日に届く予定。

Surface Book や iPad、GPD Pocket のある生活にはとくに不満はないのだけれど、新しい端末が発売したらつい欲しくなってしまうのがガジェット好きの悪いクセだ。

Surface Go は「端末として気になるけどスペック的にどんなところで使えるかよく分からない」という人も少なくないので、僕が「Surface Go が手元に届いたらこんなコトに使いたい! 」というのを紹介しておきたい。

 

追記:米国版 Surface Go は技適認証通っていないそうです。また、出荷が遅れているためか8日現在でも発送連絡はありません。このタイミングでキャンセルするのもアリかもしれませんね。

created by Rinker
マイクロソフト
¥69,973 (2018/08/14 11:33:29時点 Amazon調べ-詳細)

スポンサーリンク

 

Surface Go が手元に届いたらこんなコトに使いたい!

  • 外出先でブログを書いたりデザインしたり
  • ガッツリ作業するなら HHKB + Surface Go で
  • 一泊二日の旅なら Surface Go を持っていく

 

僕が今考えている使いみちとしてはこんな感じ。ポイントとしては「Surface Go はそこそこなスペックで軽量かつコンパクトな Windows 端末」というところ。そして Surface Pro や Surface Book と異なりモバイルバッテリーで充電できるのも特徴だ。

なので自宅内で使うということはあまり考えてなくて、カフェや外出先はもちろん、旅行時に重たい PC を持ち歩きたくない(でもないと不安)というときに持ち歩こうと思っている。

 

外出先でブログを書いたりデザインしたり

例えば「1時間の打ち合わせで都内に出かけるので、そのついでに気になっていたカフェでブログを書く」とか「夜にイベントがあるからそれまで作業するために」というときに使えるはずだ。会社員で PC 支給なら、自分用の PC として持ち歩くのもアリだと思う。

僕もその日にやりたい作業によって持っていく端末を分けるタイプなので、iPad Pro と Surface Book を持ち分けていたのが、iPad Pro か Surface Go で持ち分けるようになる。

 

ガッツリ作業するなら HHKB + Surface Go で

画像は Surface Book

一応 Surface Go 専用の『Surface Go Signature タイプ カバー』も購入していて、これはトラックパッドも付いていて、ちょっとメッセージを返したり、ブラウジングをするといった用途には活躍する。

ただ、やはりガッツリとブログを書いたり長時間の作業であれば、僕にとっては Bluetooth キーボード HHKB BT は欠かせない。Surface Go はタイプカバーがなくてもスタンドで自立するので、余計なモノを持ち歩かずにお気に入りのキーボードを使うことができるのは嬉しい。

『HHKB Professional BT』実際どうなの?半年使った良い点、残念な点を詳細レビュー

 

一泊二日の旅なら Surface Go を持っていく

楽しい国内旅行、そんなに作業するわけではないけれど手元に PC や作業できる端末がないと不安……というシーンも少なくない。

僕は『写真に地図に音楽に。海外旅行には断然 iPad が便利な理由』で紹介したように、基本的には iPad Pro は持っていく。ただ、やっぱり画像のリネームやブログエディタでのテキストの作業なんかは、普段慣れ親しんでいる Windows で行った方が早い。

そういった意味でも「iPad Pro はコンテンツを楽しんだり、画像や動画の編集用途」で「Surface Go はブログの細かい調整やエディタでの入稿から公開まで」を行うことができる。

 

iPad Pro との使い分け。写真や動画は iPad Pro、Surface Go はテキストや作業

正直なところ iPad Pro との使い分けがかなり難しいのだけれど、例えば写真や動画を編集したりといった、クリエイティブな活動なら iPad Pro の方が向いている。もちろん Kindle で本を読んだり、アプリで遊んだりというのも iPad Pro ならシームレス。

ただ、iPad Pro はマウスが使えないので、エクセルなど Office 関連を用いた作業は、やはりマウスの使えるSurface Go に軍配が上がるはずだ。また、iPad では使うことができない PC 向けのソフトやツールも、Windows 10 を搭載する Surface Go なら問題なし。

写真や動画の編集はスペック的に Surface Go だけだと厳しいので、「写真や動画は iPad Pro」で、「マウスを使った作業」「PC のソフトやツールを手軽に使いたい」という用途に Surface Go が活躍すると思っている。

 

まとめ

こんな感じで Surface Go が手元に届いたらやりたいコトなんかをサクッとまとめてみた。ガジェットはこんなふうに、手元に届くまでに「○○が届いたらこう使いたい」みたいなことを考えている時間が一番楽しかったりする。

僕の Surface Go が手元に届くのは、早くてあと1週間程度。届いたら開封レビューとか使用感レビューをしていきたいと思う。

 

created by Rinker
マイクロソフト
¥69,973 (2018/08/14 11:33:29時点 Amazon調べ-詳細)
created by Rinker
マイクロソフト
¥16,632 (2018/08/14 11:33:30時点 Amazon調べ-詳細)