ライカかライカ以外か――。憧れの Leica M10、買いました。


憧れの Leica M10、買いました。

気づいたら憧れのライカを手にしていた。』を書いてから約1年。まさか今、この手に Leica を代表するカメラ Leica M10 があるとは、そのときには思いもしなかった。

レンズと本体を合わせて約140万円。オートフォーカスも無ければ、手ブレ補正やズームレンズもない、レンジファインダー式のレガシーな構造の “不便な” カメラ。ただ目の前の被写体と向き合うだけの Leica M10 の良さは、使ってみなければ理解らない、と。

1年ほど悩みに悩んだが、「平成最後の夏」くらい後悔しない買い物をしようと、Leica M10 を手に入れた。

 

 


レンズは同じくライカ社製の『Summicron 35mm ASPH.』。多少高くても、どうせ M10 を使うのならば、ライカの本気を見てみたい。

僕は50mm くらいの画角が得意なのだけれど、ライカといえば 35mm。悩みに悩んだが、伝統に習ってこの画角を選んだ。

 

 

 

 

 

 

 

 


ライカかライカ以外か――。

自動車が買えるほど高いこの “不便なカメラ” は、なぜこんなにも人を魅了してしまうのか。

ずしりと重い筐体を首にかけ、ファインダーを覗いてじっくりと構え、ぱしゃりとシャッターを切ったら最後。誰もがライカの持つ魅力に取り憑かれてしまう。

僕のライカ人生の始まりだ。

 

created by Rinker
Leica
¥997,988 (2018/12/18 10:13:10時点 Amazon調べ-詳細)
created by Rinker
Leica
¥527,654 (2018/12/18 10:13:10時点 Amazon調べ-詳細)
created by Rinker
¥2,484 (2018/12/18 10:13:11時点 Amazon調べ-詳細)