【告知:5月13日(月)にトークイベントやります!】『トバログ』の鳥羽と『monograph』の堀口氏がモノについて語る『モノトーク』


GW明けの5月13日(月)19:30から東京都内にて、モノ系ブログを運営する二人が開催する、モノに対するイベント『モノトーク』を開催! サンクチュアリ出版が企画開催する30名限定のトークイベントを催す予定だ。

ガジェットやファッション小物、雑貨などを数多く紹介するブログ『トバログ』と『monograph』がゆるりとモノの選び方のポイントや、今とにかく気になっているモノ、最近買ったモノなどを紹介するトークイベントになる予定だ。また参加者からの質問を元にしたパネルディスカッションも行う予定。

完全にゆるりとしたイベントとなりそうだけれど、GW明けで仕事も忙しすぎない時期、都内にアクセスしやすい人ならばぜひ来てみてほしい。

 

物欲を刺激するガジェットとモノ系ブログ『トバログ』と、ときめくモノをあつめるブログ『monograph』 によるトークイベント! ガジェットやモノについて紹介する代表的なブロガー2名が「モノの買い方」や「選び方」、そして「今、一番欲しいモノ」について熱く話します。

 

イベント開催の背景


実は前々からやりたいと思っていた「モノと物欲」を軸としたイベント。それが秋葉原でみんなで散財する会なのか、欲しいモノがある人の背中を押す会なのかは定まっていなかったのだけれど、今回はこういうトークイベント的な形で取り掛かってみることに。

普段から僕たちブロガーは、みんなで飲みに出掛けたり、ブログを書いたりするときに、モノをオススメし合っている。例えばみんなで焼き肉を食べに行ったと思ったら、隣に座った人の助言からその場で MacBook Pro を注文してしまったり、欲しいと悩んでいたモノに対して周りが「それって実質0円だよね」などと背中を押すこともしばしば。

そういったときに誰かがモノを買うときの熱気は、何事にも変えられない面白さがあるし、自分も何か欲しくなる。そういった熱気をリアルイベントとして持ち込めたら面白いなあというコトで、今回イベントを企画することになった。

登壇は僕たちブロガーが2人だけれど、会場全体がそうしたワクワク感を持って楽しめればと思っているので、ぜひ会場に足を運んでみてほしい。

 

登壇者プロフィール

トバログ(鳥羽恒彰)


「人びとの物欲を刺激する」をテーマに、ガジェットや生活雑貨などのレビューを得意とする。旅をしながら世界の人びとの写真を撮っている。自称ミニマリストの対岸にいる人。

 

monograph(堀口英剛)


28歳のモノアドバイザー。40万人の男子が読んでいる一人暮らしモノメディア「monograph 」編集長。 Yahoo! JAPANから独立後、(株)ドリップ 社長に。ポプラ社よりモノマリスト本発売中。最近は20代の僕らが欲しいモノ作り中。

 

イベント概要

【詳細】