【2019年】僕が6月に買ったモノ:Leica M10のホットシューカバーやカールツァイスのレンズなど


トバログが毎月初旬に更新している「先月買ったモノ」の企画。6月は住民税や健康保険など支払いが一気に増えた月だったので、正直なところほとんどモノを買っていないが、撮影機材などは多めに買っていた印象だ。

少々マニアックな内容のモノが多いけれど、とりあえず淡々と紹介していこう。

 

スポンサーリンク

 

トバログが6月に買ったモノ

Planar T* 50mm F2 ZM|コシナ


今年何本目だっけ……と忘れそうなくらい買っているカメラのレンズ。おそらく今年5本目となるレンズは、Mマウントのカールツァイス Planar だった。比較的コントラストが高めで、くっきりとした絵が撮れる50mm標準単焦点レンズ。

撮れる絵もきれいだしピントも合わせやすいし、何より現像の際の色味調整が Summicron よりもしっくりとくるという理由から、最近はずっとこれを付けっぱなしだ。あと軽いのも嬉しい。

50mm でいうと Summilux も気になっているので、しばらく Planar を使って、時が来たらどちらにするかを迷いたい。

初夏を感じる標準レンズ。『Planar T* 50mm F2 ZM』を購入したので作例など

 

Leica M10-P ホットシューカバー|Leica


Leica M10用に、Leica M10-P のホットシューカバーを購入した。真鍮製で価格は3,000円ほど。やや高めだけれど、上から見たときのシルエットが最高にクールなので実質的にはほぼ無料だ。

余談だが、僕は車を所有していないので車のカスタマイズの良さが分からない。しかし、カメラのちょっとしたパーツを買い替えたりするのがものすごく楽しいので、多分車を買ったら車もカスタマイズしたくなるのだろうと感じる。

 

Leica M10のためにM10-P用の真鍮製ホットシューカバーを買ったので嬉しさを伝えたい

 

YONGNUO YN560 III(クリップオンストロボ)|YONGNUO


これまでストロボはソニー純正品しか使ってこなかったのだけれど、先日 Webledge のけーすけ氏が YONGNUO という中華製の格安ストロボを使っているとのことで借りてみた。

そもそもα7シリーズでサードパーティ製のクリップオンストロボが使えること自体知らなかったのだが、TTLは非対応ながら普通に使えて便利だった。

これまでブツ撮りは1灯だけの天井バウンスで使う程度だったが、それだけだと強い影もできてしまう。純正品は高いしなあと思っていたが、YONGNUO YN560 III と純正ストロボを合わせて2灯で焚けるようになったのでブツ撮りが捗る。

ちなみに Leica M10 でもこのストロボが使えるので、暗い場所でのパーティーなんかには持参している。

 

 

撮影用のLED照明


時々動画を撮影しているのだが、16時を過ぎると部屋が暗くなってしまう。夜暗くなってからでもある程度の明かりが欲しいなあと思い、LED照明を購入してみた。

まだちゃんと使えているわけではないが、2000ルーメンと光源としてはそれなりに大きく、色温度も調整可能なので便利に使えている。もう一つ欲しいと思っているところ。

 

 

まとめ

こんな感じで6月に買ったモノを紹介してみた。基本的には撮影機材が多めで、1番高い買い物はレンズという感じ。まあガジェット類の新製品が発表となる時期でもないし、とりあえず前から買わないとなあと思っていた機材を買っている。

6月は思わぬ出費が多かったが、7月からはまた何か買い物ができれば良いなあと思っている。