これが欲しかった!シンプルなのに長時間保温&保冷できるサーモスの『真空断熱マグカップ』レビュー


シンプルなデザインも良いし、機能性も高いマグカップ。

最近はコーヒーを飲みながら作業に没頭しているのだけれど、集中しているとコーヒーが冷めてしまっていたことがよくある。

作業しながらでも温かいままのコーヒーを楽しむために、サーモスの『サーモス 真空断熱マグカップ 350ml』を購入。実際に数日間使ってみたので「本当に冷めないの? 」「どのくらい温かいの? 」という点をレビューしていこう。

 

■『サーモス 真空断熱マグカップ 350ml』のココが良い

  • マットな質感でシンプルなデザイン
  • サーモスが得意な断熱構造で保温&保冷効果はお墨付き
  • 冷たい飲み物を入れても結露しない
  • 温かい飲み物を入れても熱くないし、唇もやけどしない

 

■『サーモス 真空断熱マグカップ 350ml』のココが残念

  • フタがただのプラスチックなのでゴムパッキンがついてたら嬉しい
  • 上面が開いているので水筒ほど長時間はアツアツを保てない

 

アマゾンでチェックする

 

シンプルさと機能性を両立したサーモスの真空断熱マグカップ


こちらが今回購入したサーモスのマグカップ『真空断熱マグカップ』。真空断熱で高い機能性を持つマグカップながら、全体的に統一感のあるシンプルなデザインが良い。

容量は 350ml とコーヒーや白湯を飲むのに丁度よいサイズ感。カラーは僕が購入したホワイトのほかに、ブラックとステンレスの3色展開。価格は定価 2,700円(税別)だが、アマゾンなら1,500円で購入可能だ。

 

アマゾンでチェックする

真空断熱マグカップの概要
容量(㎖)350
保温効力(1時間)67℃以上
保冷効力(1時間)8℃以下
本体寸法/幅×奥行×高さ(約cm)8×11×10
本体重量(約kg)0.2
梱包単位(色別)12個入
メーカー希望小売価格2,700円(税抜価格)

 

シンプルなデザインが好き。サーモスの真空断熱マグカップの外観レビュー

手に持ったサイズ感はこんな感じ。ちょっと深めのマグカップくらいの大きさだ。

そしてなんといっても良いのはこのデザイン。こうしたアイテムはキツめのカラー展開だったり、アウトドアアイテム色の強い形状だったりで、日常生活においてはなかなか馴染まないパターンが多い。しかしこのマグカップは日常使いを前提としているため、至極シンプルな点が嬉しい。

 

外観はホワイトだが、中身はこんなふうにステンレスの断熱構造になっている。しっかり断熱してくれるので、熱々のコーヒーを入れても表面は熱くならないし、アイスコーヒーを入れても結露しないのが便利

とくに真夏は「アイスコーヒーの結露でいつの間にかデスクがびしょぬれ」ということもあるので、見た目は普通のマグなのに断熱構造というのは本当に嬉しい。

 

付属するプラスチック製のフタは、保温&保冷効果はもちろん、ホコリなどの混入を防ぐ意味もある。

例えば会社に出勤して、朝コーヒーを飲みながら作業すると、気づくと作業に没頭して昼前になっていることも。そんなときにフタがあれば、保温はもちろんホコリの混入も防げる点が良い。

ただしゴムパッキンが付いているわけでなく、本当にかぶせるだけなので、誤ってマグカップを倒してしまうと、中の液体もこぼれてしまう。

 

デザインがシンプルなので、デスク上を白いモノで統一したい僕にとって、このサーモスマグは心地良い。幸せな気持ちでデスクで作業できる。

 

 余談だが、個人的にはバルミューダの電気ケトル『BALMUDA The Pot』と合わせても良いなあと感じる。ごちゃつきやすいカフェコーナー が、一段とシンプルになる。

ちなみに『BALMUDA The Pot』の下に敷いているのは、無印良品の『アカシア鍋敷き』。

 

実際にどれくらい「保温&保冷」の効果があるのか? 感想など

みんなが気になるのは、多分「で、実際どれくらい保温できるの?(保冷できるの?)」という点だと思う。

公式サイトによると、室温が20度前後の状態で1時間放置した場合、95度のお湯を注げば65度程度に、4度程度の水を注げば6度程度になるそうだ。

実際に僕も自宅で毎日のように使っているが、1時間くらいは快適に飲めていて、1時間半くらいになると人肌以下の温度になるイメージ。実際に温度を計測しているわけではないが、上部が覆われていないため、断熱構造の水筒のように数時間アツアツというわけではない。

それでも通常のマグカップの倍以上は暖かさが続くのは嬉しい。そして保温はもちろん、氷を入れたアイスコーヒーの保冷はもっと効果が持続するので、実は年間を通して使いやすい点も魅力だ

 

  • 保温効力とは、室温20℃±2℃において製品に熱湯を口元から1cm下の位置まで満たし、湯温が95℃±1℃のときからフタを付けて1時間放置した場合におけるその湯の温度です。
  • 保冷効力とは、室温20℃±2℃において製品に4℃以下の水を口元から1cm下の位置まで満たし、水温が4℃±1℃のときから1時間放置した場合におけるその水の温度です。引用:公式ページ

 

まとめ

こんな感じでサーモスのマグカップ『真空断熱マグカップ 350ml』について紹介してみた。奇をてらった製品ではないが、「そうそう、こんなのが欲しかった」と思えるような製品に仕上げてくるあたり、さすがはサーモスだと感じる。

定価は 2,700円とやや高めではあるが、アマゾンだと正規品が 1,500円ほどと半額で購入可能「コーヒーがすぐ冷める! 」「デスクが結露で水浸しになる! 」といった悩みを抱えている人、ぜひこのマグカップを手に入れて、デスクワークの悩みを減らしてほしい。

 

アマゾンでチェックする