デスクワークの肩こりにドクターエアのマッサージシートが本当に良い


昨年の暮れに購入したマッサージ機『ドクターエア 3Dマッサージシートプレミアム(MS-002BR)』。いつもの椅子に置くだけでマッサージチェアになるという、デスクワーカーにとって最高のアイテムだ。

通常のマッサージチェアと異なりコンパクトに収納できるし、機能がシンプルなだけに3~4万円で買えるのでわりとリーズナブル(それでも心に決めるまでに1年かかったけど)。購入してからは QOL が爆上がりで毎日使っているのでレビューしよう。

 

■ココが良い

  • 3~4万円ながら10万円以上のマッサージチェアのもみ心地
  • コンパクトに収納できるので一人暮らしにもおすすめ
  • たたき機能がとにかく良い

 

■ココが気になる

  • 配線がわりと邪魔なので普段使いの椅子に常設は微妙
  • 素材がビニールでわりと安っぽい

 

シンプルだけどこれで良い。ドクターエアのマッサージ機


こちらが僕が購入したドクターエアのマッサージ機『ドクターエア 3Dマッサージシートプレミアム(MS-002BR)』。普段使っている背もたれ付きの椅子に設置して使うタイプのマッサージ機で、簡易的なマッサージチェアのように使うことができる。

プレミアムを冠するとおり、エントリーモデルとは異なり「たたき」「もみたたき」機能が備わっている点が特徴。これがあるだけで本当に心地よさが全然違う……!

本体は7kgとやや重めだが、普段は折りたたんで収納できるので、狭小住宅住まいの僕のような人に嬉しい。

なお価格は約4万円程度だが、アマゾンでは約3万6,000円ほどで購入可能。マッサージチェアというと最低でも10万円級だったので、椅子を自分で準備するこのタイプの製品は本当にコスパが良い。

 

 

このマッサージ機を購入した理由


僕は普段、自宅の書斎で作業をしていて、用事があるとき以外は外に出ないで自宅で作業をしている。そうなると歩かないうえにずっと座りっぱなしなので、肩甲骨周りや肩がかなり凝る。

これまで5年ほど『オムロンのクッションマッサージャがすこぶる快適!3,800円で肩や腰、脚を痛快マッサージ』を使用していたが、使用頻度も高くより広範囲をほぐしたいと思い、ドクターエアのマッサージ機の購入を検討。

実際に家電量販店で試座したところ、たたき機能が思いのほか良かったためドクターエアの購入に至ったというわけ。

なおフジ医療器の『シートマッサージャー my relax(マイリラ)』も選択肢として考えたが、可動域が60cmと狭い点、そして筐体の見た目の良さ(リモコン含め)からドクターエアプレミアムを選んだ。

まあ2万5,000円程度とドクターエアプレミアムより1万円ほど安価だし、ヒーター内蔵やたたき機能もあり、もみ心地はそこまで差はない感じ。デザイン性や身長的に問題ない人ならこちらでも良いかも。

 

実際にドクターエアプレミアムを使ってみる


実物はこんな感じ。カラーリングに高級感は感じるが、いわゆるフェイクレザーで近くからみると若干安っぽい(格安家具みたいな雰囲気)。個人的には全部ファブリック素材の方が嬉しかったかも。

 


実際に椅子に設置してみたところ。なお本当は「【一人暮らし】イケアの一人用ソファ『POÄNG(ポエング)』購入。上質な座り心地を低価格で」で紹介した椅子で使えば良いのだけれど、僕は作業しながらマッサージをしたいのでこの使い方がベター。

 


モードはこんな感じで、「全身」「肩」「腰」などが選べる。全身の場合は腰から首までやってくれるので、僕はいつも全身。お尻部分にヴァイブレーション機能が備わっているが、僕はくすぐったいのであまりつかっていない。

なお可動域は 70cm と広いので、身長約 180cm の僕でもストロークが長すぎるくらい。まあ肩位置の調整をマニュアルで行えるので問題ない。

また時間は20分で設定されているが、長過ぎるので僕はだいたい15分くらいで止めている。

 

ドクターエアの使い心地について

  • たたきがとにかく良い
  • 10分やるだけで凝りがかなりほぐれる
  • コンパクトに収納できるのが良い
  • ただ電源コードが大きすぎる

 

たたきがとにかく良い

ドクターエア 3Dマッサージシートプレミアムの使用感は上記のような感じ。まずたたきがとにかく良い。従来の「もみ」だけだと、肩甲骨周りをもみほぐす際に骨まで当たって痛いということがあった(もみ玉が回転するため)。

たたき、もみたたきの場合は、ピンポイントで気持ち良い肩甲骨周りの筋肉だけを刺激してくれる。また腰にもこれが嬉しい。あと座っていると凝りを感じるお尻の上の筋肉まで到達する点も最高。

ただ個人的にはちょっとだけ物足りないが、人によっては痛いということも。強さは調整できないので、実機を試してから購入しよう。

 

10分やるだけで凝りがかなりほぐれるので簡易的に使うのが良い

個人的な使い方としては「凝りを感じたらこまめに使う」ようにしている。例えば作業を2時間続けてやっているときとか、ちょっと外出から帰宅したとき、風呂上がりなど。

疲れたな〜と感じたら、まず軽く肩を回すなどのストレッチをして、ドクターエアで10分ほどのマッサージをしている。すると驚くほど身体が軽くなるのでおすすめ。

僕は週一回、必ず鍼灸院ではりとマッサージを受けているが、毎日のケアとしてこれをしている。ドクターエアはだいたいマッサージ10回分で買えるので、日頃のケアとしておすすめだ。

 

コンパクトに収納できるのが良い


マッサージチェアではなくシートタイプなので、ベッド下などちょっとしたところに収納できるのも嬉しい点。これまでマッサージチェアは大きなスペースがないと導入ができず、狭小住宅住まいの若者には厳しかった。

ドクターエアなら厚さ12cm、高さ1.2mほどなので、タンスの服の隙間やベッド下に気軽に収納できる。新卒の初ボーナスでもっともおすすめしたいアイテムの1つかも。

 

難点としては電源コードが大きすぎる


使用感は概ね満足なのだけれど、惜しいなあ……と思うポイントは「電源部分が大きく雑然とする」点。まあ構造上で仕方ないのかもしれないが、例えば書斎で使っている場合、地面に粗大なアダプターが転がっている状態になる。そのため椅子への常設は難しい。

 

まとめ


こんな感じでドクターエア 3Dマッサージシートプレミアムのあれこれについて書いてみた。配線が大きいなどマイナスポイントもいくつかはあるが、基本的には使用感は最高なので満足している。

これまで指圧店や家電量販店のマッサージ機コーナーだけで楽しんでいた人も、3~4万円で本格的なマッサージシートが導入できるので、QOLを上げたい人にはとにかくおすすめ。

おそらく「今年のベストバイ」といっても良いくらいの買い物になるはずだ。