ベッドや机に!木のぬくもりを感じる欧州スタイルなデスクライト(テーブルランプ)レビュー

wood-desklight10木のぬくもりを感じるお洒落なデスクランプ(テーブルランプ、卓上ライトとも言う)を inateck から提供してもらったので紹介。欧州スタイルのデスクランプで、デスクの上に置いたりベッドの近くに置いたりと、部屋に暖かい印象をプラスしたい時のインテリアとしてオススメだ。

スポンサーリンク

 

木のぬくもりを感じるデスクライト

こちらが提供してもらったデスクランプ。木製のアームとマッドな金属の組み合わせがお洒落。コード部分もナイロンで覆われているなど、細かい部分もこだわっている印象。カラーブラック、ホワイト、グリーンの3色展開で、部屋の雰囲気に合わせてカラーを選べるのが特徴。

僕は上の画像にもあるようにホワイトを選んだ(どれもお洒落なのでかなり迷ったが)。

主な仕様は以下。

  • 重量:1.45kg
  • コードの長さ:250cm
  • 対応電球形:E26口金
  • 消費電力:40W

実際に組み立てていく

wood-desklight3こちらが実際の製品。自分で組み立てるタイプの製品となっており、届いた段階ではかなりコンパクトな箱に収納されていた。

wood-desklight2組み立て説明書。”インストール方法”と記載があり思わず苦笑い。まぁ、そんなに複雑な製品ではないので普通に絵を見ながら組み立てていく。

wood-desklight1こちらが台座。金属製のつや消しのホワイトカラーと木の柔らかさがマッチしていてデザイン性が高い。僕が使っているイケアのデスクにもマッチする。

関連記事:【一人暮らし】イケアでPCデスクを構築。6000円で広々デスクトップ環境を作る。

wood-desklight5あとはインストール説明書に沿って手でネジを回して組み立てていく。ネジ部分も台座と同じカラーなのがポイント。

wood-desklight8これがケーブル部分。ナイロンで覆われているので安っぽさがないのが良いところ。このスイッチでオン・オフ切り替えられるようになっている。

wood-desklight6電球は E26口金のタイプを使用する。デスクライトなので最初は白色LEDを装着していたが、デザインと合わないと感じ暖色系の電球っぽい LED を装着した。

実際に設置してみる

wood-desklight7実際に組み立てて完成した製品がこちら。木のぬくもりを感じる欧州風のデザインがお洒落なデスクライトとなった。上の画像は昼時に撮った写真。デスクライト自体は夜に使うものだが、昼でも関係なくインテリアとして置いておくものなので、見た目にはこだわりたい。

wood-desklight9ちなみに夜に使うとこんな感じ。イケア(IKEA)のデスクライトのようにフレキシブルに動くわけではないが、ある程度高さを変えることは可能。ただ、ネジの閉め具合によっては下に下がってくることもあるので、この辺は改良して欲しいと感じた。

このように卓上でも使用可能だが、ベッドサイドに置いておくのも良さそうだ。
 

まとめ

wood-desklight10一人暮らしを始めると色々とインテリアにもこだわりたくなってくる。最初は家具家電を揃える必要があったりと余裕はないかもしれないが、デスクライトは基本的には捨てずに使い続けるもの。デスクライト1つとっても、最初から無機質な安いデスクライトではなくデザイン性に富んだものを選びたい。

 

この記事もオススメ

ニトリのビーズソファ(人をダメにするソファ)購入レビュー。無印良品の半額以下で質も良い
コスパ抜群!イケアの間接照明『NOT フロアアップライト/読書ランプ』
【DIY】賃貸アパートのドアを黒板塗料でお洒落なカフェ風に。黒板アートにも挑戦!
【100均DIY】セリアのリメイクシートで”便所”が”レストルーム”に変身するまで。
【一人暮らし】イケアでPCデスクを構築。6000円で広々デスクトップ環境を作る。