僕が4月に買ったモノ。MacBook Pro や ツァイスのレンズなど

先月もいろいろ買いました。4月は年度の始まりということを言い訳に、結構高価なモノをいくつか購入。まだ記事としてレビューしていないモノもいくつかあるが、こんなモノ買いましたよ〜という感じで軽く紹介しておきたい。

スポンサーリンク

 
 

無印良品「オーガニックコットン洗いざらしオックスボタンダウンシャツ」

春だしそろそろ私服でも着られる白シャツが欲しいな〜と思い「安くて良い白シャツ」を探していたところ、どうやら無印良品のシャツが安くてしっかりしているという情報があちこちでちらほら。

僕が購入したのは「オーガニックコットン洗いざらしオックスボタンダウンシャツ」。実際に店舗に行って試着してみると、生地がしっかりしているし着丈も丁度良く、気に入った。1着3,000円ほどだし、購入したときは春のセールでちょっと安くなっていたので4着購入。

 

「男のコーデの基本は白シャツ x 黒スキニー」というのを「毎日コーディネート塾」という本で読んだので、ユニクロで3,000円くらいの黒スキニーを合わせて着まわしている。インナーを合わせても1万円以下なのに、それなりに小奇麗に見えるのでオススメ。

 

 

 
 

カールツァイスの 55mm フルサイズ単焦点「Sonnar T* FE 55mm F1.8 ZA SEL55F18Z」

ここ1年くらいは、ブログの写真でもソニーのフルサイズミラーレス α7 で撮影した写真を使用している。これまでは標準レンズ1本で撮影してきたのだが、そろそろブツ撮りやポートレート写真でも単焦点レンズが欲しいと思っていたので購入。

あまり広角でも使いづらいし、かと言って70mmとかだと日常では難しいと思い、55mm の「Sonnar T* FE 55mm F1.8 ZA SEL55F18Z」を中古で購入。そのうちこのレンズのレビューもすると思うが、標準レンズと比較してカリッと透明感のある仕上がりになるのが分かる。

 

彼女の誕生日や記念日に。ダニエルウェリントンの「Classic Pettite」シリーズが上品で美しい』や『【あさくさんぽ】浅草に住む僕がカメラを片手に散歩してみる』で使っている写真はすべてこのレンズで撮っているのだが、標準レンズではここまでカリッと張りつめた空気感を感じられる写真には仕上がらなかったと思う。

 

 

 

 
 

メインマシンとして「MacBook Pro 2016 TB」

多分人生で一番高い買い物だった MacBook Pro 2016。購入に至った理由は『さよなら 12インチの MacBook、ようこそ新しい MacBook Pro。』という記事で紹介しているが、主に写真の加工を本格的にするようになったり、より PC に負荷のかかる使い方をするようになったというところが大きい。

CPU はそのままだが、メモリは 16GB、ストレージは 512GB にアップグレードしているため、価格は約24万程度だった。僕の場合、本業もブログも作業のほとんどを PC 上で行っているので、使っている時間を考えると、どうしても快適に使えるマシンを買う方が最終的には良いお金の使い方となる。

 

【レビュー記事】

さよなら 12インチの MacBook、ようこそ新しい MacBook Pro。
MacBook Pro 2016(TouchBar モデル)は買い?MacBook(12インチ) から買い換えた感想と比較レビュー

 
 

コスパに優れた 3TB の HDD「WD HDD ポータブルハードディスク 3TB」

MacBook を新調するにあたり、バックアップを取るために購入。それ以外にも写真を RAW(色々な情報が詰まった写真の生データ。容量は JPEGで撮影した場合の10倍くらい)で撮影するようになったため、それらをバックアップするためにも、3TB と大容量の HDDを購入した。

本当は SSD が欲しかったのだが、大容量のデータを格納することを考えると価格的な面からあまり現実的ではない。主に MacBook で使うので USB Type-C に対応している HDD の購入も考えたが、USB Type-C 対応と謳う製品の多くは、変換ケーブルが付属するだけだったり、かなり高価だったりとコストパフォーマンスが微妙。

なので今回は 3TB で1万4,800円と格安の外付けポータブル HDD を購入。速度的にも写真データや MacBook のバックアップを取るために使うのであれば問題ないし、大容量のモノがあると便利。

 

 
 

良い作業環境を「HHKB Professional BT」

客先のエンジニアが「HHKB Professional BT」の良さを力説していてついポチってしまった話』という記事を書いたように、取引先のエンジニアが使っていたので欲しくなって購入。もともと手首に負担をかけたくなかったということと、プログラマやライターなどのプロが愛用しているキーボードということで試してみたかったというのも、購入した大きな理由だ。

これまで MacBook のキーストロークが浅いキーボードに慣れていたので、HHKB を使い始めた頃は打ちづらいと感じていたのだが、2週間も使っていると段々とこのキーストロークが病みつきに。

キーボードは PC 作業で一番身体と接する場所だし、長く使えるモノなのでお金を掛けても良いと思う。

 

【レビュー記事】

この打鍵感が病みつきに。2週間使って分かった「HHKB Professional BT」の良い点や残念な点などをレビュー

 

 

 

 
 

まとめ

こんな感じで4月に購入したモノを一気に紹介してみた。本当は3月にお金を使いすぎたので、4月は節約しようと思っていたのだが、なぜかいつの間にかかなりのお金を使っているような気が……。5月はそんなにお金を使わず、これまでに買ったモノを手厚くレビューしていきたいと思う。

 

【バックナンバー】

【先月買ったモノ】トバログが3月に買ったモノを一挙公開。YOGABOOK や春コートなど