ライカともコラボする英国のカメラバッグメーカー「Billingham(ビリンガム)」のショルダーバッグをレビュー

Billingham Hardley Original(ハドレー・オリジナル)とライカを着用wearクラシックデザインがコートによく似合う。

カメラバッグ界のロールスロイスと称される、英国のクラシカルなカメラバッグメーカー Billingham(ビリンガム) 。今回紹介するのは、そのビリンガムのショルダーバッグの中でも人気のライン『Hardley(ハドレー)』シリーズの『Billingham Hardley Original(ハドレー・オリジナル)』。クリスマスギフトとしてとある人からいただいたモノだ。

トレンチコートやハリスツイードのジャケットなどにマッチする英国デザインなので、ちょっと出掛けるときや通勤の際でもオススメのショルダーバッグだ。

 

スポンサーリンク

 

Billingham(ビリンガム)って?クラシックデザインがお洒落なショルダーバッグ

Billingham Hardley Original(ハドレー・オリジナル)をwear
ビリンガムは、1973年に英国で誕生したカバンメーカーで、キャンバス生地とタンニンなめしの革素材をあしらったクラシックデザインが特徴の伝統あるメーカー。創業者の妻がカメラを持ち歩くためのカメラバッグを創ったのが誕生の由来として語られており、長年ライカとコラボのカメラバッグを作っているということから、カメラバッグ界のロールスロイスと称されるようになったそうだ。

 

1973年イングランド、バーミンガムで誕生。創業者Martin Billinghamの趣味であった写真撮影に使う機材を持ち運ぶ為のカバンを妻であるRos Billinghamが手作りしたところからビリンガムの歴史は始まりました。やがてその手作りバッグは評判となり、英国伝統のデザインスタイルの中にビリンガム独自の機能を備えたバッグは、夫婦二人三脚で事業を広げ、現在では英国を代表するバッグメーカーとなりました。また長年、ライカとのコラボモデルを発表している事からカメラバッグのロールスロイスと称されるようになりました。|https://vulcanize.jp/products/list?category_id=130

 

ビリンガムのバッグは、デザイン性はもちろんのこと、”ライカとコラボをしているカメラバッグ” という点でも、個人的には惹かれたポイントだった。たしかに無骨すぎないカラーリングが、ライカのカメラのテイストとよく似合う。

ちなみに僕がもらったのはカメラバッグの類ではなく、シティユース向けの「Hardley Original ハドレー・オリジナル」という薄マチのショルダーバッグ。

 

シティユースのための薄マチなショルダーバッグ『Hardley Original(ハドレー・オリジナル)』

Billingham Hardley Original(ハドレー・オリジナル)の正面

Billingham Hardley Original(ハドレー・オリジナル)の側面、マチ
こちらが『Hardley Original(ハドレー・オリジナル)』。英国伝統のフィッシングバッグをモチーフにしているそうだ。ちなみにこのハドレー・オリジナルは、ビリンガム社のベストセラーである初期モデルを復刻版として再現したもの。

僕は普段、カーキのコートやハリスツイードのジャケットを羽織ることが多いのだが、この服装によく似合うショルダーバッグを探していたところ、ビリンガムのショルダーバッグをとある雑誌で発見。クラシカルなデザインが好みで一目惚れ。

薄マチなので一眼などを持ち歩くのには向いていないが、コンデジや PC を持ち歩くといった用途には十分の厚さ。 カラーは今回紹介しているカーキの他に、ネイビーもある。価格は購入する店舗によってもまちまちだが、だいたい2万円前後という感じ。ネットで買うともう少し安いかも。

 

ちなみにアマゾンや楽天で全く同じ「ハドレー・オリジナル」は見つけられなかったが、同じ形状で M型 ライカを持ち歩けるカメラバッグは売られている。

Billingham Hardley Original(ハドレー・オリジナル)のキャンバス地

Billingham Hardley Original(ハドレー・オリジナル)のキャンバス地アップビリンガムのキャンバス地は、コットン100%生地にラバーを間に挟んで製作している「ラバーボンディングコットン」を採用。そのため、通常のキャンバス地よりも防水性に優れている。日本は夏になると急な雨も多いので、こういった機構は安心だ。

 

Billingham Hardley Original(ハドレー・オリジナル)のブライドルレザー製のタグフラップ部分には厚手のブライドルレザーを使用。真鍮製の金具とあいまって、堅牢な感じがまた良い感じだ。色合いも落ち着きがあって丁度良い。

 

Billingham Hardley Original(ハドレー・オリジナル)のフラップフラップを持ち上げると、メインとなる大きなポケットが1つ、ボタン付きの小さいポケットが2つ。表面だけでなく、小さいポケットのフチなどにもブライドルレザーで装飾されている。普段見えないところまでも丁寧に作られている印象。

 

Billingham Hardley Original(ハドレー・オリジナル)メインポケットメインポケットはこんな感じ。内側はネイビーに色付けしていて、カーキとのコントラストが良い感じ。ビリンガムのバッグ本体は内側もキャンバス地だが、タグを刺繍しているポケット部分はポリエステルでできているようだ。

 

Billingham Hardley Original(ハドレー・オリジナル)の内側のタグ内側に刺繍してあるビリンガムのロゴ。デザイン的にはクラシカルな印象だが、発祥は 1973年とまだ4,50年程度。カメラバッグとして作られているため、歴史が数百年――ということではない。

 

Billingham Hardley Original(ハドレー・オリジナル)のポケット小さいポケットはこんな感じ。小さいとはいえマチには十分な幅があるので、コンデジとかメモ帳とかが色々と入れられそうな印象。

 

実際にモノを収納してみた

Billingham Hardley Original(ハドレー・オリジナル)と収納力とモノ実際に僕が普段持ち歩くようなモノをビリンガムのハドレー・オリジナルに収納してみた。薄マチながら、意外と収納力が高いのでいろいろなモノが収納できるのは嬉しい。

 

大きいメインポケットには PC やキーボードを

Billingham Hardley Original(ハドレー・オリジナル)とパソコンとキーボード

Billingham Hardley Original(ハドレー・オリジナル)の収納力普段は小型の PC を持ち歩くのだが、ときどきガッツリと作業したいときには、こうして普段自宅で使っている Surface Book も持ち歩く。 MacBook Pro 13インチよりもちょっと大きいのだけれど、見事に横幅がぴったりという感じ。なので 13 インチ級の PC や A4サイズファイルくらいであれば問題なく持ち歩けるサイズ感だ。

 

Surface Book のレビュー記事を読む

キーボード「HHKB BT」のレビュー記事を読む

 

小さいポケットにはコンデジや Kindle など小物ガジェットを

Billingham Hardley Original(ハドレー・オリジナル)の小さいポケットに Kindle小さいポケットは、意外とマチが広く、収納力は高い。そのため、僕が普段持ち歩く小型のガジェット類はこのポケットに収納している。写真に写っているのは、アマゾンの電子書籍端末 Kindle Paperwhite と、Anker の充電器。

 

白い Kindle Paperwhite のレビュー記事を読む

Anker の充電器兼用モバイルバッテリーのレビュー記事を読む

 

Billingham Hardley Original(ハドレー・オリジナル)の小さいポケット僕が普段持ち歩く PC は、手のひらサイズの GPD Pocket。ちょっとした作業をする際にはとても便利。見た目もシンプルなので、それがまた良い感じ。一緒に持ち歩くのは、マイクロソフトのミニマルなマウス。

 

GPD Pocket のレビュー記事を読む

マイクロソフトのマウス『Surface Arc Mouse』のレビューを読む

 

Billingham Hardley Original(ハドレー・オリジナル)と Leica(ライカ)のカメラビリンガムはライカとコラボをして、いくつかカメラバッグを手がけている。僕も普段はライカの『Leica D-LUX Typ 109』というコンデジを持ち歩くのだが、この小さいポケットにぴったりと収まるサイズ感。

ドイツの老舗カメラメーカーのカメラと、英国の老舗カメラバッグメーカーのコラボが、僕の持ち物のなかで完結するというのは、なんとも嬉しい感覚。ライカのカメラを所持している人ならば、ぜひともビリンガムのバッグと合わせてみてほしい。

 

『Leica D-LUX Typ 109』のレビュー記事を読む

 

まとめ

こんな感じで英国のクラシカルなデザインのショルダーバッグ『Billingham Hardley Original(ハドレー・オリジナル)』を紹介してみた。これまでトバログでもいくつかカバンを紹介してきたが、キャンバス地でクラシックデザインのショルダーバッグを紹介するのは、今回が初めて。

「休日にちょっと出掛ける――」なんてときには、ライカのコンデジをこのショルダーバッグに入れて出掛けられるし、冬はコートに合わせて、夏は白いシャツに合わせて使うというのも、なんだかお洒落だ。

クラシカルなデザインのショルダーバッグを探している人には是非オススメしたいアイテムだし、価格もそこまで高すぎないので、気になったら手に入れてみるのも良さそうだ。

 

↓僕がいただいたモノとは若干異なるが、同じ形状のクラシカルなカメラバッグがアマゾンやマップカメラで販売中だ↓