仕事道具のはなし。エイ出版社の Flick!特別号でコラムを執筆しました。


以前からカバンの中身や仕事環境などで取材をいただいていたエイ出版社の Flick!別冊ムック『デジモノマニアが選んだ超愛用品』にて、「会社員時代と独立後の仕事道具の変化」についてコラムを書かせてもらった。

そのほかにもいくつかのページを担当しているので、簡単に記事でもご紹介。

 

スポンサーリンク

 

『デジモノマニアが選んだ超愛用品』について


9月6日にエイ出版社から発売となった『デジモノマニアが選んだ超愛用品』は、ガジェット系の電子マガジン『Flick!』の別冊ムック。

ガジェット好きが気になっているガジェットモノから、ブロガーや有識者たちの作業環境、そしてカバンの中身などの記事を読むことができる一冊だ。

 

今や多くの仕事をしている人のカバンの中にはデジタルデバイスが入っている。スマホはもちろん、タブレットやパソコンだって持ち歩いている人は多いだろう。

それだけではない。カメラ、ヘッドフォン、ボイスレコーダー、モバイルバッテリー、小型スキャナー、小型プロジェクター、キーボード、ケーブルやアダプターなどの周辺機器もあるだろう。また、専門性の高い職業なら、液晶タブレット、360度カメラ、VRゴーグル、計測機器、楽器などが入ってる場合もある。カバンの中身はその人を表す。

そんな、プロフェッショナルのカバンの中身を取材。多くの人に愛用されているデバイスから、「こんなものを持ち歩いてるの! 」と驚くようなアイテムまで、美しいスタジオ写真でお見せする。

また、今持つべきスペシャルなアイテム、定番として誰もに勧めたいアイテムまでご紹介。デジモノ中心だが、デジモノと一緒に利用すると便利なアナログのノートやペン、その他愛用品をご紹介。また、それらを収納するバッグもご紹介。『これは手放せない! 』と、プロフェッショナルが愛用する品々は、見ているだけでも楽しいし、自分の物選びの参考にもなる。

 

目次を開いてみる。ガジェットモノ自体を紹介するページと、それぞれ有識者に対して仕事道具に関する取材をしていて、読み応えのある一冊となっているはずだ。

 

 

仕事道具の変化、トバログの愛用品について

1ページの短編コラムなので全体を見せることはできないが、こんな感じで文章中心のコラムを執筆している。

これまでもトバログは仕事環境やカバンの中身も取り上げてもらっていて、どちらかといえば取材を受ける側だった。

トバログの「 賃貸でも書斎のある暮らし」が雑誌で紹介されました

トバログのカバンの中身が雑誌「デジタル達人の超愛用品」に載りました

 

今回、独立を機に時間ができたということで「独立前と後で道具の変化を書いてみませんか」という依頼をいただき、コラムの執筆が実現した。本当にこういうのは嬉しいよなあ。

 

『ガジェットTouch! 』のてんび~氏の仕事環境について取材をしました


今回、トバログのコラム以外にも、ブロガー仲間である『ガジェットTouch! 』のてんび~氏の仕事環境についても取材を行い、執筆などを担当している。4ページの特集となるのでボリュームはけっこう大きめ。

先日20歳になったばかりなのに、すでにブロガー歴9年というてんび~氏が、普段どんな環境で記事を書いているのかを知ることができるので、気になる人はチェックしてみてほしい。

 

まとめ


独立してから、トバログ上でのプロモーション記事やコンテンツ作成だけでなく、こんなふうに外部での執筆も徐々にできるようになってきた。

Flick! は高校時代から定期的に読んでいる媒体だし、こうしてコラムや記事を執筆できるのは嬉しいこと。

僕のコラムやてんび~氏の作業環境以外にも、面白いコンテンツはたくさん揃っているので、気になった人はぜひ読んでみてほしい。Kindle でも読めます。

 

アマゾンでチェックする