ちょっと、台湾に行ってきます。

ちょっと、台湾に行ってきます。

今回の旅の目的は、僕が学生時代から好んでよく足を運んでいる台北を、改めて自分の足を使って歩いてみるというもの。

これまでは台湾中腹部にある台中や、南部にある高雄などさまざまな都市に訪れてみたり、またガジェットを求めて決まった地域ばかりを渡り歩いてきた。最近は興味が単なる「旅」から、なんとなくカフェや雑誌などより文化を感じるモノやコトも気になっている。

独立したというタイミングでもあるし、こういったことから改めて台北を知るために、今回の台湾旅を決行したという感じ。

 

スポンサーリンク

 

台北で何をするのか

  • 気になる場所に行ったり、人に会う
  • 写真を撮る
  • トレンドを知る

 

気になる場所に行ったり、人に会う

まず目的として大きいのは「台北で気になっている場所に行ったり、人に会ってみる」。これまで学生時代から何回も台北には訪れているが、意外とメジャーな観光地だったり、ショッピングセンターに訪れることが多かったのだけれど、トバログを始めてからはもっと情報を発信するために面白いモノやコトを知っていきたいと感じていた。

例えば現地のこじんまりしたカフェとか、地元の人しか知らないようなクラフトビールの醸造所、雑誌の編集部などなどを回ってみる予定だ。

例えば昨年公開した『【カバンの中身 23】さまざまなサービスはこの道具から。台湾の IT 系起業家 FOX 氏の持ち物』という記事も、こういった取り組みの一つ。このような方向性でどんどん情報を発信していきたい。

 

写真を撮る

次の目的は、写真を撮りにいくというもの。昔から写真を撮ることが好きだった僕だけれど、本格的にのめり込んでいったのは社会人になってから。そういう考えになってからはほとんど台北に訪れていないため、しっかり RAWデータで写真を撮って素材を集めておきたい。

 

トレンドを知る

「流行っているモノ」などのトレンドはもちろん、ガジェットやテクノロジー的にどんなモノやコトが流行っているのかを知っていきたいと思っている。

「台湾は日本で流行ったモノを取り入れて遅れてから流行る」と多くの日本人は思っていると思うのだけれど、僕の感覚では、実際は逆だと思う。ここ数年(少なくとも僕が台湾に遊びに行くようになってから)、音楽のスタイルやスマートフォンアプリなど、若者が好むカルチャーなんかは、台湾やその他アジア諸国で流行ったものが半年から1年くらい経ってから日本でも流行っている気がする。

例えばK-POP や LINE のようなメッセージアプリ、最近だと動画配信アプリなんかが当てはまる。

もちろん日本で流行ったモノが台湾で流行るというのも少なくはないが、米国など海外からインポートされる文化は、台湾などでテスト マーケティングが実施されてから日本に仕掛けるという流れだと思う。あくまで僕の主観だけれど。

そういった意味でも「次に日本で流行る可能性のあるモノやコト」を知るためにも、台湾に旅に出るというのは楽しいんじゃないかなあと。

 

まとめ

こんな感じで20日から26日まで台北をぶらぶらしているので、「その目的ならこんなところがオススメだよ」「トバログフィルターを通してこういうコトが知りたい! 」といったコメントを、LINE@ や Twitter などからいただけたら幸いだ。

 

【カバンの中身 23】さまざまなサービスはこの道具から。台湾の IT 系起業家 FOX 氏の持ち物

【#ブロガーカバンの中身 20】台湾の若き脱サラ起業家「出口裕介氏」の持ち物

【#ブロガーカバンの中身 9】「あしたはもっと遠くへいこう」台湾在住ブロガー前原氏の持ち物

【カバンの中身 24】台湾在住のEngadget中文版インターン「ものすく氏」の持ち物

 

↓この本、台湾の起業家とかカフェ経営者とかのインタビューがたくさん掲載されていて最高に面白いのでおすすめ。