カフェや機内でのPC作業を覗かせない。MacBook Pro用『覗き見防止フィルム』レビュー

カフェでも電車でも、隣の人にPC画面を見られたくない。

かなり前に『MacBook Pro用に覗き見防止シートを購入。カフェや電車など公共の場での作業にオススメ』という記事でも紹介した、MacBook用の覗き見防止フィルム。最近は使っていなかったのだけれど、15インチMacBook はさすがに画面が大きく、隣に座った人から「いったいどんな作業をしているのか」がひと目で分かってしまう。

情報漏えい対策から単に人からディスプレイが見えない安心感まで、とにかく外出時には持ち歩いて使うようになったので、トバログでも紹介しておこう。

 

■覗き見防止フィルムのココが良い

  • 隣の人からの覗き見をほぼ完璧に防止できる
  • マグネット着脱式なのでいつでも取り外し可能
  • マットなシートなので反射も目立たない

 

■覗き見防止フィルムのココが残念

  • 3,900円程度と通常のディスプレイ保護フィルムと比較するとやや高い
  • ディスプレイが薄暗くなり色が変わるので画像編集などには向かない
  • グレアなのでややザラザラとした質感になる

 

 

スポンサーリンク

 

MacBook 用の覗き見防止フィルムレビュー


今回僕が購入したのはこちらの覗き見防止フィルム。正面から約60度の位置からはほとんどディスプレイが見えなくなる。マグネット着脱式なので Lightroom などで画像の編集を行う場合には気軽に取り外せるのが嬉しいところ。

これは 15インチ MacBook Pro 専用のサイズだけれど、さまざまな種類を取り揃えており、11インチの MacBook Air から 27インチ iMac まで、ほとんどの Mac に対応している点が魅力的だ。

価格は11インチ〜15インチが3,900円、27インチは 1万2,200円と通常のフィルムよりもやや高い。アマゾンにはもっと安価な覗き見防止フィルムが売られているが、おそらくほとんどのモノは同じだと思う。なのでそれぞれ価格と低評価のレビュー(高評価はステマの可能性があるため)を見ながら一番良さそうなのを購入しよう。

 

 

覗き見防止フィルムを購入した理由

冒頭でも簡単に紹介したが、今回なぜ 15インチ MacBook Pro の覗き見防止フィルムを購入したのかというと「ディスプレイが大きすぎて隣の人から作業が丸見え」だから。

普段は自宅で作業をしているのでとくに困らないが、カフェでの作業や新幹線や飛行機内で作業をしているところを他人に見られるのはちょっと恥ずかしい。また非公開情報が漏れてしまうリスクもあるということで、外出時に使えるように購入した。

 

実際に覗き見防止フィルムを 15インチ MacBook Pro  に装着してみたところ。左側が表面のマット加工が施されている面で、右側がグレア加工(光沢)の裏面。好みの方を選べるようになっている。

 

覗き見防止フィルムにはマグネットが仕込まれていて、そのマグネットが MacBook にぴたりと張り付いてくっつくという仕組み。以前購入したモノだとディスプレイにステッカーを貼るなど加工が必要だったが、こちらは MacBook 側になんの加工も必要ないのが嬉しい。

なお真ん中の穴は明るさ調節とフロントカメラ用の穴。

 

見づらさや使い勝手など。覗き見防止フィルムを 15インチ MacBook Pro に実際に装着してみた感想

実際にカフェで使ってみたところ。装着しないで使うよりもかなりディスプレイ面がザラザラとしていて、色合いも若干変わる。普通のテキスト作業なら問題ないものの、画像なんかを加工するにはちょっと厳しいかも。

ただ15インチのディスプレイサイズになると両端がやや暗くなりがち(カメラでいう周辺減光的な)。作業する程度なら問題はないけど、これが iMac 27インチとかだったらディスプレイが広すぎて両脇が見えなくなりそう。

 

とはいえ装着するのとしないのではプライバシーが大きく変わる。多少見づらくとも人に見られたくないやり取りをする際や、まだ非公開の情報に触れているときには装着しておきたい。

 

覗き見防止フィルムを装着したまま持ち運びが可能

なお覗き見防止フィルムは装着しっぱなしにしておけるのだけれど、MacBook を閉じるとこんなふうにすき間が空いてしまう。間にゴミやホコリなどが混入して傷になってしまいそうなので、持ち歩く際にはケースに収納しておきたい。

僕が愛用するスリーブケース▷圧倒的な存在感。高級革を用いた国立商店の15インチMacBook Pro専用スリーブのレビュー

 

まとめ:こんなシーンで使える

  • カフェや機内などのノマド作業時で機密情報を表示するとき
  • 他人に作業中のディスプレイを見られたくないときに

 

こんな感じで覗き見防止フィルムを紹介してみた。MacBook 用アクセサリとしてはかなり地味な存在ではあるが、MacBook の見やすく視野角が広いディスプレイは、外出先では他人に見られ放題。

普段ブログを書いたり写真を加工する程度であれば問題無いものの、非公開情報をチェックしたり、そうしたプロジェクトに関わるならばできるだけ貼り付けて作業をした方が情報漏えい対策としても無難。

僕は単純に隣の人に記事を書いているところを見られるのが恥ずかしいから装着しているが、それだけでも安心感があって集中できる。そうした雑念を消して作業したい人にとっても嬉しいアイテムだ。

 

 

おすすめの関連記事

キーボードのノイズを排除する。MacBook をよりミニマルデザインにするステッカー

お久しぶりです、MacBook。15インチモデルを買った感想

圧倒的な存在感。高級革を用いた国立商店の15インチMacBook Pro専用スリーブのレビュー