液体物の持ち込みに安心を。防水、軽量で旅に適した『無印良品 TPU自立するポーチ・L』


トバログでは人気となっている「#無印良品のある暮らし」シリーズより。

つい先日の台湾旅行で「旅行用に 100ml 以下のシャンプーとか虫除けスプレーとかまとめていれておきたい」と思い、無印良品の『TPU自立するポーチ・L』を購入した。

TPU素材である程度防水性に優れた素材ながら、明日出発するという緊急でもまちなかの無印良品で手に入れられるので、地味だけれどけっこう便利。そろそろ旅行シーズンだということなので簡単にレビューしておきたい。

 

■良い点

  • TPUと止水ファスナーを素材に用いているため防水性能が高い
  • 柔らかく柔軟性があるためかさばりにくい
  • 500円と安価&無印良品ならどこでも手に入れられる

 

■残念な点

  • カラーがブラック一色のみ
  • 薄い素材なので耐久性低そうな感じ
  • サイズのバリエーションがまだ少ない

 

無印良品でチェックしてみる

スポンサーリンク

 


こちらが「TPU自立するポーチ・L」。軽量かつ防水性能が高いポーチで、旅行中の化粧水や洗剤、『髪にも、旅にも。無印良品の『全身シャンプー』レビュー』で紹介している全身シャンプーなどを収納するのに便利だ。サイズは S と L の2種類。それぞれ S サイズが 550円で、Lサイズが 750円となっている。

僕は虫除けグッズだけでなく、全身シャンプーなど漏れる可能性のある液体物すべてを収納したかったので、L サイズを購入した。今回は L サイズでのレビューとなる。

 

素材は TPU というスマホのケースなどにも用いられる樹脂でできているのだが、触り心地はシリコンのようにしなやかで、向こう側が透けてみえるほど薄い。

そのためこのサイズのケースながら約30g と軽量なのが嬉しいポイント。無印良品にはトラベル用のポーチをいくつか展開しているが、防水性能と軽量という点で僕は TPU自立するポーチを選んだ

 

 

止水ファスナーで外部からの水の侵入を防ぐ&内部で溢れた液体を逃さない

より防水性能を高めるという点で、表面の TPU 素材はだけでなく止水ファスナーを用いている点も嬉しい。

例えばホテルでシャワールームに持ち込んだとしても、ちょっとシャワーがかかったくらいでは内部まで水は侵入してこないし、このポーチに入れたシャンプーなどがなにかの拍子で溢れてもカバンの中に滲みるという可能性を抑えることができる。

ただ、このポーチ自体はかなり薄いので、引っ掻いて破けてしまったらもちろん無意味ではあるが。

 

止水ファスナーは開閉がややしづらいという点も、このようにストラップが付いている点はさすが無印良品という印象。

 

実際に「TPU自立するポーチ」にモノを収納してみる

実際に僕が旅行に持っていったモノを改めて収納してみる。

今回僕が台湾に持っていった液体物は、「髪にも、旅にも。無印良品の『全身シャンプー』レビュー」で紹介した全身シャンプーや『ホテルの部屋でワンプッシュ。蚊が全滅するスプレーが夏場の海外旅行に手放せない』で紹介している殺虫剤など。その他にもパウダーワックスや糸ようじなどを持ち歩く。

 

  • OSIS のパウダーワックス
  • 押すだけベープ
  • 虫除けミスト
  • 全身シャンプー
  • 糸ようじ

 

「TPU自立するポーチ」にこれらを収納してみるとこんな感じ。スペース的には余裕があるので、例えば歯磨き粉やコンタクトレンズの洗浄液なんかも一緒に入れても良いかもしれない。

 

これらを収納したら、早速旅に出るためのグッズやガジェットとともに、カバンに収納して持っていくだけ。「TPU自立するポーチ」は防水性能が高く、液体物をこのようにカバンに放り投げておいても、破れない限りは問題ない。

 

まとめ

こんな感じでサクッと無印良品の「TPU自立するポーチ」を、旅用の液体物を収納するためのポーチとして紹介してみた。ただし完全防水ではなく “あくまで防水性能は他のポーチと比べて高い” というだけなので、液体物をそのまま入れたりとか水に沈めて財布代わりに……なんて用途には向いていない。

完全防水ではないが、軽量かつ防水性能が高いという点から、僕はこんなふうに旅行用に使っている。他にも「ちょっと銭湯に行く時のグッズをまとめておく」とかにも便利に使えそうだ。

S サイズ、L サイズともに1,000円なので、これから旅行に行く予定がある人なんかには是非おすすめしておきたい。

 

無印良品でチェックしてみる