【2019年】僕が2月に買ったモノ:フォクトレンダーのレンズやIncaseのガジェットポーチ


トバログが毎月初旬に更新している「先月買ったモノ」の企画。2月のほとんどはオーストラリアで過ごしたということもあり、ほとんどが2月の前半にオーストラリアへの半移住のために購入したモノばかり。

それでも基本的にはガジェットモノばかりが目立つので、それらをまとめて紹介しておこう。

 

スポンサーリンク

 

トバログが2月に買ったモノ

Voigtländer(フォクトレンダー)COLOR SKOPAR 21mm F4P|コシナ

「旅といったら広角レンズがほしい! 」ということで購入したのがフォクトレンダーの 21mm 広角レンズ『Voigtländer COLOR SKOPAR 21mm F4P』。いつも使うわけではないけれど、Leica M10 である程度は広角も撮りたいということもあり、まずは様子見で4万円程度で買えるこちらを選んでみた。

わずか136gという軽さと、ポケットに入れて持ち歩けるのではないかと思うほどに小型な点が気に入っている。写りに関しては周辺減光やマゼンタかぶりなどが気になるところではあるが、Lightroom で加工すればそれなりに綺麗になる。ただ結局はレンズ交換が面倒なのでほとんどの広角シーンは 35mm で事足りてしまっているところ。しばらくしたらレビュー予定。

 

アマゾンでチェックする

 

外付けSSD T5 の2TB|Samsung

海外への旅でこそたくさんの写真を撮るため、ローカルストレージがほしいと思い 2TB を購入。これまでも「スマホでも使える、小さくて軽い名刺サイズのポータブル SSD『サムスン T3 500GB』レビュー」で紹介しているように 500GB モデルは使用していたのだけれど、数多くの写真や、PC自体のバックアップを考えるとやはり容量が大きい方が便利だなあと。

クラウドストレージは、海外だと回線が使い物にならなかったりいちいち通信が必要になるので使いづらいし、HDDは破損させてしまった経験があるので、多少高くても SSD にした。結果的に速くて使いやすく便利。

 

胸ポケットに入る2TBの大容量。ポータブルSSD『Samsung 外付けSSD T5』レビュー

 

Nylon Accessory Organizer|Incase

海外への旅のようにガジェット類を多く持ち運ぶシーンでは、普段持ち歩いているガジェットポーチではちょっと小さすぎる……というコトで最近購入したのが Incase のガジェットポーチ『Nylon Accessory Organizer』。銀座のアップルストアで購入した。

 

このようにそれぞれのガジェット小物に対して定位置を設けることができるのが気に入っている。とくに SIMカードや SIMピンなどを収納するための小さなポケットもものすごく重宝している。

 

小物ガジェットをひとまとめ。Incase のガジェットポーチ『Nylon Accessory Organizer』レビュー

↓日本のアマゾンでは別モデルが購入可能

 

インナーソフトボックス|ハクバ

いつものバックパックに PC や iPad、そしてカメラとレンズを安全に収納したいと思って量販店をうろついていたところ、ビックカメラでこちらのインナーソフトケースを発見。「お気に入りのバックパックをカメラバッグにする」ことができたので、かなり重宝している。

フォトウォークなどカメラを使うことが前提となるシーンではやや使いづらいかもしれないが(カメラが必然的に底面にくるため)、飛行機での移動なんかにはかなり便利。おすすめ。

 

普段のカバンをカメラバッグにする。『ハクバ インナーソフトボックス』レビュー

 

ウルトラSIL ナノ ドライサック|SEA TO SUMMIT

防水素材でできた軽量かつコンパクトなドライサック。本来は衣類などを収納するためのアウトドアグッズだけれど、「突然のスコールでもカバンの中のカメラだけは浸水させたくない! 」という理由で購入。

 

カメラなどを雨から守る。絶対に浸水させたくないカバンの中身に防水軽量の『ウルトラシル ドライサック』がおすすめ。

 

まとめ

こんな感じで僕が2月に購入したモノを紹介してみた。基本的にはほとんど2月前半に日本で購入したモノばかりだけれど、そのどれもがオーストラリアでも役に立っている。3月は日本に帰ってきて、東京を中心に仕事をする予定。なのでまた違ったガジェットやインテリア雑貨なんかが欲しくなるかもしれない。