週刊トバログ的 Vol.27:自分で創る暮らしの空間

トバログ管理人であるトバが日曜日の夜に、この一週間を振り返る「トバログ的」。面白いと思った記事や感じたコト、良いなと思ったモノを、トバログ的な観点からお届けする。

 

スポンサーリンク

 

トバログ的:今週気になった記事

生き方の延長線に創る空間。長野のセルフビルド小屋『山村テラス』から紐解く豊かな暮らし

長野県の人里離れた場所で、家屋だけでなく電気や水道までも自給自足をする小屋「山村テラス」のインタビュー記事。思いつきで自分たちで建てた小屋で、宿泊することが可能な山村テラスがものすごくお洒落で、僕も将来こういう小屋で生活したい。

バブル期には別荘を持つことがある種のステータスとして流行ったが、こちらはそういう別荘とはちょっと違う、秘密基地的な空間として活用できそう。仲間たちとワクワクしながらブログやビジネスの話をするのも良いし、夏休みや冬休みを利用して家族と過ごすのも良い。

自分だったらこんな使い方をしたい――。想像力が掻き立てられる空間だということが、このインタビュー記事からは伝わってくる。

 

Fitbit Versa国内版の先行予約販売が開始

僕が普段愛用しているスマートウォッチ『Pebble』は、今はこの Fitbit に買収され、もう Pebble の名を冠るスマートウォッチは過去のものとなってしまった。しかし、この Fitbit Versa を見ていると、Pebble は Fitbit というブランド名で生まれ変わったのだという印象を受ける。

Fitbit が得意とするヘルスケアの要素と、Pebble のスマートウォッチとしての完成されたハードウェアとしての性能が上手くシナジーを生んでいるのではないかと感じている。日本でも家電絵量販店を含め、取り扱いがされるとのこと。これは楽しみだ。

 

GPD Pocket 2 mini laptop to sport a slimmer bezels and body, faster processor

僕が仕事に行くときに持ち歩く小型の Windows PC である GPD Pocket にも、ついに Core M(intel Core M3-7Y30)を搭載するモデルが登場するとの示唆を、GPD の創設者が話しているとのニュースだ。

実際に僕が「担当者に聞いた!Core m3搭載『GPD WIN 2』が2018年1月クラウドファンディング開始。出荷は4月、価格は未定、スペック向上モデル」という記事で GPD 社に情報を聞いたときには、GPD Win 2 のスペックや発売時期などを明確に教えてくれた。そのことを考えると、7月にクラウドファンディングが行われ、そのまま8月に手に入れられると考えている。

一説によるとトラックポイントが無くなるというが、それは非常にもったいないなあと感じている。正式発表を楽しみにしたい。

 

トバログ的今週気になったモノ:mont-bell(モンベル) トレッキングアンブレラ

気づけばもう6月となり、梅雨や夏の夕立ちなど、そろそろ雨の多い季節が続く。日本の長い雨季の始まりだ。東京にいると地下鉄移動も多くそこまで雨に悩まされることは少ないが、強い雨だとそうもいかない。

そこでずっと気になっているのがmont-bell(モンベル)の折りたたむ傘「トラッキングアンブレラ」。骨にカーボンを使用し、150g と iPhone X よりも軽量ながら直径 98cm とコンビニのビニール傘よりも大きくなるのが嬉しいポイント。

常にバックパックに入れておきたい最高の折りたたみ傘だ。

Amazonでチェックする

 

ファインダー越しのトバログ的世界

ミュンヘンにあるバーバリアン料理で撮った一枚。ここで食べた料理のことはほとんど覚えていないのだけれど、このスマートフォンで撮った写真がなんとも雰囲気があって好きだった。(9/20/2016)

 

編集後記

こんな感じで今週もトバログ的を公開してみた。今週も怒涛の一週間であったが、中でも大きいイベントだったのが、アメリカン・エキスプレス・カードの PR 企画で、銀座の数寄屋橋茶坊で一ヶ月間限定でオープンしている『THE GREEN Café American Express×数寄屋橋茶房』だ。

アメックスのカードを所有している人であれば、誰でも無料で1杯ドリンクを提供いただけるだけでなく、さまざまな特典を受けられるというもので、空港のラウンジが都会にもあるような感覚だ。カード所有者はぜひ一度体験してみてほしい。

銀座にアメックスを持って――『THE GREEN Café American Express×数寄屋橋茶房』に訪れてみた[PR] #AmexLife

 

あとは私的な話ではあるが、今年の末か来年の頭くらいにオーストラリアのブリスベンに住もうかと考え中。まだ明確になにをするかは確定していないが、ブログや外部でのライティング、プロモーションなどを手伝いながら、『【 #29 カバンの中身】シンガポール在住、オーストラリア人動画クリエイターの持ち物』で紹介したブランドン氏と一緒に紙のトバログ x 動画」を加速させたいなあと考えている。

まだオーストラリアには訪れたことはないが、聞くと日本よりも自由にクリエイティブな取り組みが盛んで、さまざまな国の人が集まって ZINE(紙冊子)を作ったりカフェを開いたりしているとのこと。個人的には台湾もそういった文化を感じていて気にはなっているが、どうせならブランドンのいるオーストラリアに行こうかなと。この辺はまだ確定していないのでなんとも言えないが、もしそうなったら面白いコトができそうな人は、LINE@ から連絡いただけたら嬉しい。

トバログの LINE@ はこちら(紙のトバログ(電子版)も無料配信中です)