【2018年】僕が6月に買ったモノ:10.5インチ iPad Pro や折り畳み傘など

トバログで人気の高いコンテンツの一つである「先月買ったモノ」の企画。毎月さまざまなモノを購入してレビューをしているトバログだが、まだ記事として紹介していないモノを含めて紹介していきたい。

6月は上半期の最後ということで、10.5インチ iPad Pro など色々と買っている感じ。

 

 

スポンサーリンク

 

10.5インチ iPad Pro(セルラー/256GB/シルバー)|Apple

つい先月書いた『12.9インチの iPad Pro(第2世代)を買いました。』という記事では 12.9インチ iPad Pro を紹介したのだが、初期不良で返品となってしまったため、10.5インチの iPad Pro を買い直した。

カラーは僕が好きなシルバーで、ソフトバンクの SIM が挿さるセルラーモデルだ。ちょっとした作業のために Surface Book を持ち出すのも重たいし、GPD Pocket だとスペック的な問題から写真の加工がスムーズにいかないということで iPad Pro を選んだ

なぜ MacBook じゃないの? というと、iPad Pro なら Kindle で本を読んだり、dマガジンで雑誌を読んだりと、コンテンツを楽しむためにも使えるから。セルラーモデルなので、いつでも開いた瞬間から使い始められるのも嬉しいところ。

詳しくは『10.5 インチの iPad Pro を買いました。カメラと iPad だけを持ってブログを書きたい』をどうぞ。

 

Apple で10.5インチ iPad Pro をチェックする

 

10.5インチiPad Pro用Smart Keyboard|Apple

iPad Pro でブログを書くなら、キーボードは必須となるだろう。僕は普段は HHKB BT という iPad Pro 本体よりも重たいキーボードを使っているのだけれど、さすがにちょっと出歩くときにキーボードを持ち歩くのは厳しい。

色々と調べてみたところ、やっぱり Smart Keyboard が便利そうだと思い、中古品を安く手に入れた。iPad Pro のカバーにもなるし、薄くてしっかりと打鍵感もあるところが気に入っている。

唯一不満としては、他のブロガーの多くがこの Smart Keyboard を使っているので、被る確率がものすごく高いということ。ステッカーやスキンシールなどで差別化できないかを検討中。

 

Apple で Smart Keyboard をチェックする

 

Lightning – SDカードカメラリーダー|Apple

カメラで撮った写真を iPhone や iPad に転送するための Lightning アダプタ専用の SDカードリーダーも購入。

【Lightroom CC】iPadやiPhoneでVSCOなどデスクトップ版のプリセットを使う方法と手順』でも書いているように、 iPad Pro でブログ用の写真を快適に加工できるようになった。

最近のカメラは Wi-Fi 接続に対応していて、アプリをダウンロードすれば撮った写真をその場で転送できるようになっているが、僕の所有しているカメラは RAWデータの現像には対応していない。RAW で写真を加工したい人にとっては必須のアクセサリだろう。

この SDカードリーダーは 3000円くらいで買えるし、フォトウォークなど、出先で撮った写真を iPad でサクッと加工して SNS やブログにアップしたい人にとっては嬉しい。

 

Appleで『Lightning – SDカードカメラリーダー』をチェックする

 

PocketSprite

GBが遊べる!ゲームボーイミクロよりもミクロな『PocketSprite』に出資しました」で紹介した PocketSprite というたまごっちサイズのゲーム機が、やっとクラウドファンディングサイトから発送されて手元に届いた。

極小の筐体に超小形の液晶ディスプレイを搭載するゲーム機で、ゲームボーイやゲームボーイカラーのエミュレーターを搭載している。クラウドファンディングサイトの出資者に対して送られるものなので、まだアマゾンなどでは購入できない。

ちょっとだけ触ってみたのだけれど、ゲームボーイを Apple Watch よりも小さな液晶ディスプレイでプレイできるのはけっこうすごい。もう少ししたらレビューをしていきたい。

 

NEIGHBORHOOD TAIPEI(ネイバーフット台北)|TWO VIRGINS

もっとミクロな世界で台北を散歩したいと思って購入したのが、『NEIGHBORHOOD TAIPEI(ネイバーフット台北)』というガイドブック。

いわゆる普通のトラベルガイドではなく、台北のお洒落なスポットや面白い取り組みをしている人たちにフォーカスをして、彼らの働き方などを含めてインタビューしている。

僕はこれまで20回くらい台湾に訪れているが、そんな僕でもほとんど知らないスポットばかりが掲載されていて(しかも選定がものすごく素敵)、新鮮な気持ちで読み進めることができた。

台北は好きだけど、観光とはちょっと違った視点で街を歩きたい」という人にぴったり。

 

Amazonでネイバーフッド台北 (Guide for walkable insider)をチェックする

 

BIRD|講談社

最近は旅コンテンツなんかに興味が湧いてきて、トバログではどんなふうに旅を魅せられるだろうと、最近はこういった雑誌をよく買い漁っている。

講談社が出版している『BIRD』は、1つの国やテーマに絞って、各地の情報を綺麗な写真とレイアウトで紹介している。ほかにもファッションや音楽などのカルチャーにもフォーカスしていて刺激を受けた。

こういう見た目がスッキリしているのに内容が濃い紙媒体を出版できたらおもしろいだろうなあ。

 

Amazonで『BIRD』をチェックする

 

ポリプロピレン印鑑ケース|無印良品

ちょっと前に『シンプルで必要十分。無印良品の印鑑ケースを買いました』という記事で紹介した無印良品の印鑑ケース。

190円と安価ながら、シンプルなデザインが良いなあと思って購入した。印鑑ケースというと奇抜な色のプラスチックケースだったり、フェイクレザーをあしらった重厚感のあるケースをよく見かけるが、個人的にはシンプルなモノが良いなあと。

朱肉もついているし、形状もスリムなので自宅に置いておくだけではなく、持ち歩きでもかさばらない。

 

無印良品で『ポリプロピレン印鑑ケース』をチェックする

 

ロングテイル トレッキングアンブレラ|mont-bell

梅雨というしとしと雨の続く時期に重宝する、軽量かつ撥水性能が高いモンベルの折り畳み傘。

最近はブロガーの間でも超軽量(86g)トラベルアンブレラをレビューする人をよく見かけるが、バックパックを背負う男子にはちょっと小さすぎたため、ダイヤマークのような形状の『ロングテイル トレッキングアンブレラ』を購入した。

ロングテイル トレッキングアンブレラは 145g とトラベルアンブレラよりも重いのだけれど、それでも iPhone X よりも軽量だ。 梅雨はもう明けてしまったが、ゲリラ豪雨などが増える真夏の時期は、バックパックに忍ばせておくのがスマート。

詳しいレビューは「梅雨からバックパックを守る。軽くて大きなモンベルの折り畳み傘『ロングテイル トレッキングアンブレラ』レビュー」をどうぞ。

 

Amazonでロングテイル・トレッキングアンブレラをチェックする

 

Clipa

間違いなく「上半期買ってよかったモノの上位」に食い込むであろう、バックパック向けのハンガー『Clipa』。わずか48g と軽量かつシンプルな見た目の小物だが、なんと 15kg もの荷物をぶら下げることができる。

「バックパックを掛けるタイミングってある? 」と思われがちだが、席の狭いカフェやラーメン屋、電車内の手すりなど、活躍の場は無限大。見た目にもシンプルだし、3,000円程度と安いので、一個は持っておくと便利だろう。詳しくは「カフェノマド時の最適解。シンプルでお洒落なバッグハンガー『Clipa』レビュー」をどうぞ。

 

AmazonでClipaをチェックする

 

まとめ

こんな感じで、2018年6月に買ったモノを紹介してみた。6月は5月に引き続き iPad Pro を購入したり、周辺機器を揃えるなどさまざまなモノを購入してみた。

また、上半期が過ぎ去り、下半期がスタートするこのタイミング。そろそろ「上半期ベストバイ」などの記事を書いておきたい。