いくつ買った?トバログ管理人が2017年絶対に欲しいガジェットモノ10選の中間報告

上半期もいろいろ買いました。

今年の初めに『物欲を研ぎ澄ませ。トバログ管理人が2017年絶対に欲しいガジェットモノ10選』という記事を書いたので、このリストからどのくらいモノを購入できているのかを紹介しようと思う。半分くらい買えたら良いかな、と思っていたのだが、思っていたよりもリスト化したガジェットを購入できている印象だ。

 

 

スポンサーリンク

 

「2017年絶対に欲しいモノ10選」の中間報告

僕が 2017年絶対に欲しいモノとして挙げた10のガジェットは以下。

 

  1. 55インチの 4K テレビ
  2. 音響設備(ちょっとしたホームシアター的な)
  3. MacBook Pro 2016
  4. 単焦点レンズ
  5. ドローン(200g 以下で 4K動画撮れるタイプのもの)
  6. スタビライザー「DJI OSMO Mobile」
  7. Yogabook か Matebook
  8. 12.9 インチ iPad Pro
  9. ドクターエア
  10. BlackBerry KEYone

 

実際に購入できているモノは打ち消し線を引いている。一つずつ紹介していこう。

 

1. 55インチの 4K テレビ

55インチではなく、価格と実用の面から考えて 49インチの 4K を購入している。『今が買い?LG の4Kテレビが安い。55インチが10万円切り、49インチが7万円台』でも書いたとおり、55インチも10万円を切って安くなってはいるが、49インチが7万円台とリーズナブルに購入できた。

一人暮らしホームシアターとして、後述する 5.1ch サラウンドシステムと組みあせて、Netflix(ネットフリックス)などで映画を楽しんでいる。これまで 4K TV を所持していなかったので、個人的にはかなり満足。ただもう少し大きくても良かったかな?とは思うので、そのうち 55インチ や 65インチなどに手を出していきたい。

 

2. 音響設備(サラウンドシステム)

パイオニアの 5.1ch サラウンドシステム『HTP-S767』。本当はサラウンドバー(壁に音を反響させて擬似的なサラウンド環境を作り出すことができる)などでも良いかな、とは思っていたのだが、やはり有線の方がリアルなサラウンドを楽しめるとのレビューも多かったのでこちらを購入。

サラウンドバーは値が張るモノが多いなか、こちらは4万円程度なのが嬉しい。有線なのでリビングがごちゃつくのは避けられないが、カーペットなどを敷いて隠すなど工夫でなんとかなる。

やはりウーファーを搭載している点、部屋を包み込むようなサラウンドで映画を楽しめるのは最高だ。テレビと合わせて買っても安い PC 程度の予算で買えてしまうのでオススメ。

 
【ホームシアター記事】

 

3. MacBook Pro 2016(Touch Bar 搭載モデル)

作業効率が劇的に改善しました。別に Mac OS である必要はなかったのだが、AirDrop でのデータ共有だったり、使い慣れた環境という点で今回 MacBook Pro 2016 を購入。スペックは i7 / 16GB / 512GB の “ほぼてんこ盛り” というところ。12インチ MacBook からの買い換えなのだが、Lightroom を用いた大量の画像データの現像だけでなく、ブラウジングからファイル展開など、あらゆる面においてサクサクになった。

価格は 30万円ほどだったので、一時期は銀行口座の残高が瀕死にまで追いやられたが、買っといて良かったと心から思えるラップトップPC だ。道具は最高のモノを選びたい。

 

4. 単焦点レンズ

今年初めに欲しい!と思っていたフルサイズ用の単焦点レンズ。結果的には「Sonnar T* FE 55mm F1.8 ZA SEL55F18Z」を購入。定価は10万円弱となかなかお高いのだが、知り合いのブロガーから5万円ほどで購入。安い買い物だ。

上半期のレビュー記事などで、4月以降に撮影した写真はほとんどこのレンズで撮影している。カリッと解像度高めの写真が撮れるのが嬉しいポイント。

 

5. ドローン(200g 以下で 4K動画撮れるタイプのもの)

こちらは未購入。年初は 200g 以下でドローンの条例に引っかからない 4K 撮影可能な Dobby というドローンが喉から手が出そうになるほど欲しかったのだが「よく考えたらほとんど使う機会ないし、どっちかと言えばレース用ドローンのが欲しいな」ということで購入には至らず。

機会があったらあっても良いかなとは思うのだが、しばらくは要らないかなあ。

 

6. スタビライザー「DJI OSMO Mobile」

手ブレせずにヌルヌルな動画が撮影できるということで、今年の2月に購入。これを使うと、撮った動画が一気に素人感から脱却してものすごくそれっぽくなるのが嬉しいところ。とは言え、メインで使っている iPhone 7 Plus を挟むと「バッテリーがスグなくなる」「取り外しが面倒なので、撮影用の iPhone が必要になる」という点からあまり使わなくなった。

実は『ちょっと台北に来ています。#スクートガジェ旅』などの台湾旅行などで持っていったのだが、上記した理由に合わせて、動画は編集が面倒というところからあまり使わなくなって今は自宅でほこりを被っている。

年に数回、動画を撮って編集したくなることがあるので、その時のためにちゃんと保管しておきたい。9月のシンガポール旅行には持っていこうかな。

 

7. Yogabook か Matebook

YOGA BOOK を購入済み。僕のメイン PC が MacBook Pro でそれなりに重いので、気軽に持ち歩けるブログ端末として購入。これ1台でカッコよくノマドワークを夢見たのだが、スペック的にもキーボード的にもなにか生産する行為を YOGA BOOK でシームレスに行うのは難しいと感じた。

レビュー:YOGA BOOK レビュー① : 買った理由と使ってみた感想

キーボードも意外と慣れるしディスプレイも綺麗で筐体の完成度は高いのだが、やはり Windows OS がネックだと感じた。Lightroom は動くし、画像圧縮ツールも使えるのだが、CPU が追いついていないので、テキスト入力以外の作業はカクつきを感じるのでちょっと常用は難しい。

もし買うのであればタブレット用途をメインに考えて Android OS 版を買った方が幸せになれるかもしれない。一応使ってみたレビュー記事はそのうち書く予定。

 

 

8. 12.9 インチ iPad Pro

画像は 9.7インチ iPad Pro

これは機会があれば欲しいと思っている。今は 9.7 インチ iPad Pro を使っているのだが、僕の主な用途である「Apple Pencil でお絵描き」「アプリで雑誌を見開きで読む」は、12.9インチの iPad Pro の方が便利だよなーと思っている。

実際は iPad Pro を外に持ち出す機会はそこまで多くないので普段は 12.9 インチでも良いのだが、旅行の際に持ち歩くのはちょっと重たいので迷いどころ。「12.9 インチはあれば便利だろうけど、現状困ってないし重量とトレードオフ」というのを考えると、まだ待ちかな、と思う。

 

9. ドクターエア

年内には絶対欲しい。今は新卒で社会人になったときからずっと使っているオムロンのマッサージクッションを使っているのだが、圧をかけすぎて一部内部で割れてしまっている箇所がある。約4,000円のマッサージクッションを約2年半使っているので、十分ペイできているはず。

今は、イスに座っているだけで上下に動いてマッサージしてくれるドクターエアが欲しい。色々とこの価格帯のマッサージ機を試してみたがやはりドクターエアの使用感が一番良かった。

 

10. BlackBerry KEYone

当時の記事ではまだうわさ程度の存在だった BlackBerry KEYone。今年の6月に国内で正規に取扱いが始まり、しかも価格的にそこまで高くないというところから購入。

基本的にはサブ機として持ち歩いているのだが、電車内でブログの記事の下書きを書いたり、マイネオの SIM を挿してルーター代わりに使っている。

 

 

まとめ

こんな感じで「2017年絶対に欲しいガジェットモノ」を紹介してみた。購入していないモノもあれば、買ってみて「ちょっと違ったな」というガジェットがあるのも事実。実際に買ってみないことには分からないこともたくさんあるので、そういう意味でも 2017年下半期も色々と購入していきたい。

この記事とは別に『【2017年上半期ベストバイ】トバログが選ぶ!本当に買って良かったモノ10選』もまとめているのでそちらもどうぞ。

 
後から新しく欲しくなったモノもまとめようと思うが、取り急ぎドクターエアはマストバイ。