トバログ読者はなに買った?2018年に最も売れたモノTOP10


トバログの読者はこんなモノ、買っていました。

毎年上半期と年末の2回やっているこの企画。普段トバログではガジェットや暮らしの道具などモノを中心に紹介しているのだけれど、「それで実際はどんなモノが売れているの? 」というのが気になる。

「トバログで人気だった記事」は後日紹介しようとは思っているが、この記事では「トバログではどんな商品が人気だったのか? 」を紹介していこうと思う。

 

【2018年のまとめ記事】

【2018年上半期】トバログから売れたモノTOP10。読者はこんなモノを買っています

トバログが選ぶ! 2018年、本当に買って良かったガジェットモノ5選

トバログが選ぶ! 2018年、本当に買って良かった生活雑貨や食料品5選

トバログが選ぶ! 2018年、本当に買って良かった『ファッションと暮らしの道具』5選

 

スポンサーリンク

 

トバログ読者は何買った? 人気だったモノTOP10

第10位:マンフロットのミニ三脚『PIXI EVO』|Manfrotto

まずは第10位。ミラーレス一眼でも使える小型の三脚『PIXI EVO』が2018年はよく売れていた。初心者でも流星群や星空をきれいに撮るために便利なアイテムとして紹介していたため、おそらくその記事から売れていると考えられる。

この三脚は耐荷重が 2.5kg なので、ミラーレス一眼くらいのサイズなら問題なく支えることができる。小型でバックパックにも収納できるし、真上に焦点を当てることができるので便利なアイテムだ。

 

ミラーレスやフルサイズ一眼にオススメのミニ三脚『 マンフロットPIXI EVO』レビュー

 

第9位:microSDXC 256G|SanDisk

microSD の画像ではなく SDカードで代用

続いて micro SDXC カードもよく売れていた。トバログで単体記事として紹介していたことはないのだけれど、スマホやタブレットのおすすめアクセサリとして紹介していたため、そこから継続的に売れているモノだと思う。

micro SD カードはだんだんと安くなっているため、256GB と大きな容量なのに6,000円台で購入できる点が嬉しい。写真や動画を貯めるならちょっと小さい容量だけれど、書類とかを入れておく分には十分な容量だ。

スマホやタブレットPCを使っている人におすすめ。

 

アマゾンでチェックする

 

 

第8位:充電用パススルー Type C 4k HDMI出力|Satechi

MacBook Pro など USB Type-C 端子のみを搭載する最近の薄型ラップトップには欠かせないアダプターもよく売れている。

トバログで紹介している Satechi のアダプタは 4Kディスプレイへの出力も対応しており、さらに SDカードや HDD といったストレージを装着することができるハブとして優秀。

こうしたアダプタは壊れやすい印象があるが、こちらは2年使っても生きているため優秀だ。

 

SDカードもHDMIもこれ1台!MacBook ユーザーの強い味方「Satechi USB Type-C マルチ変換アダプター」レビュー

↓まったく同じモノは売り切れ中。代わりにイーサネットポートを搭載したモデルが販売中だ

 

 

第7位:プロジェクトペーパー A3 5ミリ方眼|オキナ

個人的にはちょっと意外だったのがこのプロジェクトペーパー。ちょっと前に一人会議に最適だとして紹介していた A3 のノートで、方眼用紙のような罫線が備わっている点が嬉しい。

来年1年間をどう過ごすかを自分 で計画を立ててみたり、マインドマップでキャリアアップの方針を固めたりするのにも便利だ。価格も400円(アマゾンなら)で買うことができる。

 

一人会議に最適。雑多にメモできる『A3 プロジェクトペーパー』のトバログ流の使い方

 

第6位:天井照明器具専用 リモコンスイッチ|オーム電機

かなり売れているのが壁スイッチのない部屋でもイケアのオシャレ照明が使えるとして紹介していた天井照明用のリモコンスイッチ。

このスイッチ、実は Google Home などと連携することでスマートホーム化するために便利に使えるというニーズもあり、そちらから売れているのではないかと予想。

ちょっと前に PR でご紹介したスマートホームは、ほとんどの操作を音声だけですることができ、これは Google Home とスマートリモコン(Wi-Fiに繋がる赤外線リモコン)を接続し、このリモコンスイッチが信号を受信することで電気のオン・オフができるようになっている。

こうしたニーズから売れていると思われる。

 

OK Google、お風呂沸かして――音声だけでなく遠隔で操作できる賃貸のスマートホーム化[PR]

 

第5位:PowerCore Fusion 5000|Anker

やはり人気だったのが Anker の PowerCore Fusion 5000。5000mAh のモバイルバッテリーとして使えるのはもちろん、コンセントに挿せば通常の充電器としても使える便利なアイテムだ。

以下の記事がけっこう読まれているほか、カバンの中身系の記事からも多く売れるモバイルバッテリーのため、トバログからもけっこうな数が出ていた。来年には 10000mAh を搭載するモデルも発売となるということで、今から非常に楽しみである。

 

日常のスマホの電源は『Anker PowerCore Fusion 5000』をバッグに入れておけば間違いない。

 

第4位:マジックテープ 広巾 粘着取付 黒|クラレ


意外だったのはマジックテープが売れているということ。もちろんトバログで単体の記事として紹介しているわけではないのだけれど、おそらく以下の DIY 記事から売れていると予想。

デスクの天板にコンセント類を設置するのはけっこう便利で、まるでスタバのカウンターテーブルのように足元がスッキリしたまま充電できる点が嬉しい。最近トバログの書斎でもまたこの機構を取り入れている(しかももっとシンプルに)ため、また記事で紹介できればと思う。

 

【100均DIY】デスク周りの雑然としたコード類を天板裏に収納する方法

 

第3位:Clipa 2

2018年のトバログ的ヒット商品といえば、バックパックハンガーの Clipa(クリッパ)。数年前にモノ系ブロガーの間で流行っていて、トバログは今年になって購入したアイテム。

最大 15kg と旅用のバックパック並みに重たい荷物を引っ掛けることができるので、海外旅行や飲食店でのバックパックの置き場に困らず重宝している。普段から PC などちょっと重めの荷物を持ち歩く人は絶対購入すべき。

 

カフェノマド時の最適解。シンプルでお洒落なバッグハンガー『Clipa』レビュー

 

第2位:タブレットケース スリーブ バッグ 10インチ|Amazonベーシック

続いて人気商品だったのが 10インチタブレットがぴたりと収まる Amazonベーシックのスリーブケース。Surface Go のためのスリーブケースを探していて、良い感じのケースが見つかるまでこれを使おうと思っていたところ、あまりにもぴったりかつ高いクオリティだったので愛用している。

600円と安価ながらクッション性も高く、デザインもシンプルな点が嬉しい。Surface Go や iPad Pro を使っている人ならば、とりあえず持っておけば損はない便利グッズだ。

 

タイプカバーもぴったり。Surface Goには『Amazon ベーシック』の10インチスリーブケースがおすすめ

 

第1位:HDMIケーブル|Amazonベーシック

上半期の売れたモノ記事同様、トバログで最も売れたのが HDMI ケーブルだ。MacBook Pro を自宅の TV と接続してデュアルディスプレイにするという記事が多く読まれており、おそらくそこから売れているものと思われる。

最近はディスプレイや TV など “4K対応” の HDMI に買い換える傾向がありつつ、Nintendo Switch や Fire TV など TV と接続するための需要も高まっている。そういった理由から HDMI ケーブルは売れやすいのだと予想。

 

MacBookとテレビをHDMIケーブルで繋ぐ。Apple TVやChromecastがなくてもミラーリング可能

 

まとめ

皆さんが「これ買ったぞ! 」という商品はあっただろうか?

トバログでは2018年の1年間で約2万点アマゾンで売れており、売れたモノの数TOP10はこんな感じだった。トバログ自体はメディアとしてそこまで大きい規模の媒体ではないものの、「物欲を刺激するブログ」を掲げるメディアであるため、多くの人がトバログで紹介したモノを買ってくれている印象だ。

次回の記事では「トバログで売れた高いモノって何? 」というところに焦点を当てた記事を書いてみたい。

 

【2018年のまとめ記事】

【2018年上半期】トバログから売れたモノTOP10。読者はこんなモノを買っています

トバログが選ぶ! 2018年、本当に買って良かったガジェットモノ5選

トバログが選ぶ! 2018年、本当に買って良かった生活雑貨や食料品5選

トバログが選ぶ! 2018年、本当に買って良かった『ファッションと暮らしの道具』5選

 

↓Amazonプライムデーで気になるセール品まとめ↓

/a>mazonプライムデーで気になるアイテム記事を読む